2017年9月26日、JR西日本は、「おおさか東線」のJR長瀬(大阪府東大阪市)―新加美(大阪市平野区)の中間に新設する駅の名称が「衣摺加美北」に決定したと発表した。開業は2018年春の開業の予定。

ツイッターには、この発表を知った人々から、新駅名についてのさまざまな声が殺到している。

「加美、新加美、衣摺加美北...」「舌噛みそうw」


JR西日本おおさか東線201系電車(w0746203-1さん撮影、Wikimedia Commonsより)

ツイッターに寄せられたコメントを見てみよう。

「難読駅名がまた増える...」「衣摺加美北って声優にいそう」「何か喜連瓜破に匹敵する難読駅ができるみたいだな」「読めるかい」などといった感想だ。

地元からは、こんな声もあった。

おおさか東線の沿線に、「加美、新加美、衣摺加美北...」と加美が付く駅が3つになるという指摘である。「『加美』を冠する鉄道駅三人衆が形成された瞬間」と言う人や、「加美ばっかりで、舌噛みそうw(ダジャレじゃないw)」と揶揄する人もいた。

なお新駅名の読みは、「衣摺加美北(きずりかみきた)」である。