画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Adobeが進めるオープンソースのテキストエディタ「Brackets」がv1.11にバージョンアップ、Linux版のフルサポートが公式ブログに記載された。

v1.11では、JavaScript標準であるECMAScript 6(ES2015)をサポート、JavaScript静的検証ツール「ESLint」を使ったECMAScript 6の検証が可能になる。また、v1.11はLinux上での動作を改善しLinuxプラットフォームのフルサポートを述べており、公式サイトからのGitHubへのリンクには32ビット/64ビットの.debファイルがmsi、dmgファイルとともに並んでいる。