犬のおもちゃの上手な選び方とは?

身近なお店であればペットショップやホームセンター、オンラインショップなどでも可愛い犬用のおもちゃがたくさん売られていますよね。

しつけのために選ぶ、一緒に遊んであげるために選ぶ、お留守番中に退屈してしまわないように選ぶなど、いろいろな選び方があると思います。

いつ、どんなときに、どんな風に遊ぶためのおもちゃなのかを考え、その時々によって与えるおもちゃを変えると、犬も楽しく安全に遊ぶことができると思います。

目的別犬のおもちゃの上手な選び方

お留守番中に遊ぶためのおもちゃ、愛犬と飼い主さんが一緒に遊ぶためのおもちゃ、犬同士が一緒に遊ぶためのおもちゃなど、目的別のおもちゃの上手な選び方を知っておくことで、愛犬が楽しく安全に遊ぶことができ、思わぬケガなどを予防することができます。

なぜ、目的別におもちゃを選ぶ必要があるのか?

お留守番中に退屈してしまわないようにする目的や来客中などの静かに待っていて欲しいとき、飼い主さんが愛犬のことを見ていてあげることができません。

そんなとき、誤飲してしまうなどの危険がないよう、安全性の高いおもちゃを選ぶ必要があるからです。

また、来客中にピーピー大きな音が鳴るおもちゃは与えないですよね。

飼い主さんと愛犬が一緒に遊ぶためのおもちゃであれば、楽しくて興奮したときや遊びがヒートアップしてしまったときに手や腕を噛まれてしまわないよう、お互いに安全なおもちゃを選ぶ必要があります。

静かに待っていて欲しいときにおすすめのおもちゃ

お留守番中や来客など犬が静かに一人遊びをしてくれそうなおもちゃで、「コング」というおもちゃが特に人気です。

しかしゴム製のものだと噛みちぎって誤飲してしまう可能性がありますので、噛みちぎってしまう子であれば、木製やプラスチック製などがおすすめです。

木製やプラスチック製のコングでも破壊してしまう子がいますが、誤飲やケガに繋がる可能性があるので十分に注意する、もしくは与えない方が良いでしょう。

コングは中にフードやおやつを入れておくことができ、長い時間、遊んでいることができるので犬が退屈しません。

飼い主さんと愛犬が一緒に遊ぶときにおすすめのおもちゃ

手や腕を噛まれてしまわないために、ゆったりと長さのあるものがおすすめです。

引っ張り合ったり、奪い合ったり、楽しく安全に遊ぶことができるように安全性の高いものを選ぶのがポイントです。

犬同士が一緒になって遊ぶときにおすすめのおもちゃ

興奮して必死になって奪い合うことがあるため、引きちぎれてしまうような強度の弱いものを選ばないようにしましょう。

小さすぎるものを選ぶと飲み込んでしまう可能性が高いため、少し大き目、もしくはだいぶ大きいものでも良いのではないでしょうか。

おもちゃを選ぶときの注意点

簡単に引きちぎれてしまうものや噛みちぎれてしまうものは選ばないこと

(誤飲を防ぐためです。)

飲み込んでしまわないよう、大きさに注意すること

(小さすぎると飲み込みやすいです。)

ボロボロになったら捨てること

(衛生面と誤飲を防ぐためです。)

飼い主さんの使い古したスリッパなどをおもちゃとして与えないこと

(生活用品とおもちゃの区別がつかなくなり、使用中のスリッパで遊ぶようになってしまうからです。)

お留守番中や様子を見ていてあげられないとき、ゴム製のおもちゃは与えないようにすること

(噛みちぎって誤飲してしまう可能性が高いからです。)

まとめ

愛犬のことをよーく考え、目的別におもちゃを選ぶことによって、愛犬がも飼い主さんも楽しく安全に遊ぶことができます。

この子にはどんなおもちゃが安全で、どんなおもちゃが危険なのか、よく考えながら選ぶと良いと思います。

大型犬はゴム製・木製・プラスチック製など何でも破壊してしまうことができるほどの力を持っているでしょうし、超小型犬でもおもちゃの中身である綿を全部取り出してしまっていることがあります。

誤飲してしまうことが一番怖いですよね。うちでは、私が様子を見ていてあげることができるときにおもちゃを与え、お留守番中には誤飲やケガを防ぐためにおもちゃは与えていません。

長時間、噛んでいることができるガムというおやつがありますが、喉に詰まらせてしまわないかと心配なので、これもまた私が見ていてあげられるときのみ与えています。

上手におもちゃで遊ぶことができるためには「放して!」などのトレーニングも必要なのかもしれません。