台北市キャラ就任の「熊讃」  初のファンミーティングに1800人/台湾

写真拡大 (全2枚)

(台北 27日 中央社)ユニバーシアード台北大会(8月19〜30日)で大会PRキャラクターを務め、今月20日に台北市のキャラクターに正式に起用された「熊讃Bravo」が26日、就任後初となるファンミーティングを同市政府で行った。会場に詰め掛けた約1800人のファンを前に、ステージ上でジャンプをしながら挨拶するなど、愛くるしい姿を披露した。

ユニバ閉幕と同時に“失業”してしまった熊讃。今月1日に同市の職業安定所で求職者登録を済ませると、約3週間にわたって漢方薬局やテレビ局など、さまざまな職場に出向き、求職活動に励んでいた。

イベント当日、熊讃を一目見ようと、ファンミーティング開始2時間前の正午には多くの人が列をなした。午後1時から配布された1500枚の整理券はあっという間になくなったという。

台北市政府観光伝播局の担当者によれば、同市にはすでに多くのキャラクターがいるが、今後は熊讃を市政府の代表キャラクターに据える方針。観光や教育など市政府関連の活動を中心に活躍させていくという。

(游凱翔/編集:楊千慧)