村上信五も戦々恐々!新番組の初収録は激辛な幕開けに…

写真拡大

関ジャニ∞の村上信五と女優の黒木瞳がMCを務める『今夜、誕生!音楽チャンプ』(テレビ朝日系列にて10月8日よりスタート、毎週日曜21:58〜)の初回収録がこのほど、都内スタジオにて開催。村上と黒木が収録の感想や、初回の見どころなどを語った。

6月に単発の特番が放送され、わずか3か月でレギュラー化が決定した同番組。歌唱、ピアノ、ダンスなど、音楽のあらゆるジャンルで次世代のスターを目指す“未来の大物アーティスト”たちが、“音楽チャンプ”の座をかけ真剣バトルを繰り広げる本格スター発掘番組となっている。

8日に放送される初回では、「再起をかける!超実力派シンガーNo.1決戦」というテーマのもと、過去に一度は名を馳せたことのあるシンガー6名が登場。審査サイドにも、バージョンアップしたロボットの「チャンプくん」と激辛審査員たちが集結し、予想をはるかに超える落涙者続出の激戦が繰り広げられた。

収録の感想を聞かれると、村上は「(審査員が)怖かったね〜(笑)! 普通の評価が甘口に感じられるくらい。挑戦者にとっては勉強になる、愛あるコメントだったとは思いますけど」と明かし、実際に収録で泣いてしまった挑戦者もいたらしく、「言葉が刺さり過ぎるんですよね」と語った。

一方の黒木は「でも、菅井秀憲先生(モーニング娘。のヴォーカル・アドバイザーとして活躍している人物)の“楽しいことの裏には厳しさがある”という言葉は、自分に言われているみたいでした。“表現力”という言葉も印象に残りましたが、これはエンターテイナーみんなに言えることなんじゃないでしょうか。私も頑張ろうと思いました」と、審査員の言葉が胸に刺さった様子。

また、「収録中に一言も感想を言わなかった」という村上は、「心の中で“この人残れるんちゃうか”と思っていた人が落ちてしまったり。テレビの前の皆さんも自分で審査しながら見ていただければ、より楽しめるんじゃないかと思います」とアピール。そして、「この厳しさを見て、今後番組に出ようという挑戦者は、レベルがどんどん上がっていくんじゃないかと期待できますね」と言うと、黒木は「私は絶対、ここでは歌いたくないです」とキッパリ。

続けて「村上さんは歌えるでしょ?」と話を振ると、村上は「まぁ、歌えと言われれば、全然いいですよ! ただオンエアはできないです(笑)」と言い、笑いを誘っていた。