「国際福祉機器展 H.C.R.2017」のダイハツ・ブースでは、同社の特徴である軽自動車を福祉車両化した「フレンドシップシリーズ」が披露されます。

ダイハツが搭載を進めている衝突回避支援システム「スマートアシスト掘廚搭載されたタント、ムーヴの福祉車両4台を含む、軽福祉車両7台を出展。車いす移動車から昇降シート車まで、すべての軽福祉車両ラインナップを展示する注力ぶりです。

さらに注目なのが、安全運転機能維持に効果的な「認知機能向上運動」を、理学療法士の協力のもと、来場者と一緒に実施予定としていることです。

ダイハツでは、高齢者の安全運転支援の観点から販売会社の店舗を活用した「地域密着プロジェクト」を2017年から全国的に展開していて、地域行政や理学療法士などと連携しながら、高齢者が長く安全にクルマを運転できるようサポートをする取組みを開始しています。

出展車は、「タントスローパー(車いす移動車)」、「アトレースローパー リヤシート付(車いす移動車)」、「ハイゼットスローパー リヤシートレス仕様(折り畳み補助シート付/昇降シート車)」、「タントウェルカムシート(昇降シート車)」、「ムーヴフロントシートリフト(昇降シート車)」、「アトレーリヤシートリフト(昇降シート車)」となっています。

(塚田勝弘)

【国際福祉機器展 H.C.R.2017】ダイハツは「スマートアシスト掘廚鯏觝椶靴織織鵐函▲燹璽瑤覆匹鬟▲圈璽(http://clicccar.com/2017/09/27/515037/)