ベガルタ仙台GKシュミット・ダニエル

写真拡大

[故障者情報]

 ベガルタ仙台は27日、22日のトレーニング中に負傷したGKシュミット・ダニエルが仙台市内の病院で精密検査を行い、右足三角靭帯損傷と診断されたと発表した。なお、全治まで約2か月の見込みと併せて発表されている。

 今季、期限付き移籍していた松本から復帰した25歳は、J1第7節鹿島戦で先発起用されて初出場。その後はフル出場を続けて20試合でゴールマウスを託されていた。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ