岡崎の”嗅覚”をレスターMFが称賛 「いてほしいところ、いるべきところに現れる」

写真拡大

オルブライトンがレスター公式サイトで賛辞 「その姿勢でチャンスを作り出す」

 レスター・シティのMFマーク・オルブライトンが、同僚の日本代表FW岡崎慎司を絶賛している。

 今季、公式戦6試合で4得点とハイペースで得点を重ねる侍ストライカーは、チームメイトから絶大な信頼を集めているようだ。

 クラブ公式サイトによるインタビューに応じたオルブライトンは、プレミアリーグの前節リバプール戦(2-3)でゴールを決めた岡崎へ、賛辞を送っている。

「シンジはいてほしいところ、いるべきところに現れるんだ。彼はその姿勢や運動量を生かして、自分やチームのためにチャンスを作り出すんだ」

 サイドからのチャンスメイクを担うオルブライトンは、ゴール量産中の岡崎のプレーぶりをこう語っている。今季はエースFWジェイミー・ヴァーディが6試合5得点、岡崎が6試合4得点と、2015-16シーズンのリーグ制覇の原動力となった看板2トップが結果を残していることは、良い傾向だと指摘している。

ストライカーとしての信頼を獲得

「ストライカーが点を取るのはいいこと。僕らには素晴らしいアタッカーが揃っているし、僕らはできるだけ彼らの名前がスコアシートに載ってほしいと思っているよ」

 昨季までは守備での奮闘など、ゴール以外の貢献ばかりに注目が集まっていた岡崎だが、チームメイトから“ストライカー”としての信頼をつかむことにも成功したようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images