『ウイイレ2018』eスポーツ世界選手権はCL公式大会として開催決定!

写真拡大

今月14日に発売された『ウイニングイレブン2018』(海外名:『Pro Evolution Soccer 2018』)。

そのNo.1プレイヤーを決めるeスポーツ世界選手権「PES LEAGUE WORLD TOUR 2018」が、UEFAチャンピオンズリーグ公式大会として実施されることがKONAMIから発表された。

KONAMIは2009年にUEFAとライセンス契約を締結。以降、欧州のクラブチームNo.1決定戦であるUEFAチャンピオンズリーグなどのUEFA主催大会を「ウイイレ」シリーズに搭載している。

今回の取り組みについて、UEFAのEvents SA Marketing DirectorであるGuy-Laurent Epstein氏は、「今シーズンのPESのeスポーツイベントを楽しみにしております。この機会にゲーマーの方々や視聴者の皆様がUEFAチャンピオンズリーグへの興味を高めてくださることを期待しています」とコメント。コナミデジタルエンタテインメント代表取締役の早川英樹氏も「本大会を通じて、プレイヤーとしてお楽しみいただくことのみならず、会場での観戦や動画視聴の機会を提供することで、サッカーの楽しさを世界中にお届けし、UEFA様と協力してサッカーの魅力をより多くの方に伝えてまいります」と語った。

「PES LEAGUE WORLD TOUR 2018」は、2017年冬から2018年春にかけて、世界各地にて大会を開催予定。各大会で得たポイントによるランキング上位の選手が、2018年夏の決勝大会に出場し、世界No.1を競う形となる。

さらに、なんと協力プレイの新モード『CO-OP』部門の開催も決定!

一人でも、チームでも世界一を目指すことができるようになったため、新たな盛り上がりが期待できそうだ。続報が楽しみである。