子育ての「今が一番かわいい」はいつ?ママたちの本音を聞いてみた

写真拡大

子連れで外を歩いていると、見知らぬ人にも「何歳?」と子どもの年齢を聞かれる機会は多いですよね。「◯歳です」と答えると、「あら、今が一番可愛い時期ね〜」なんて言われたりすることも。

忙しい毎日の中で「子どもの貴重な一瞬を見逃さない」コツとは? 人気ママインスタグラマーに聞いた

ですが、この「今が一番可愛い時期」、0歳でも、1歳でも、2歳でも言われたりしませんか?

では実際、子育て中のママは一体子どもが何歳頃のとき、「今が一番可愛い!」のピークを迎えているんでしょうか?

かなり個人差はありそうですが、周囲のママたちに意見を聞いてみました!

1歳未満のまだ自己主張が強くない時期

「10ヶ月くらいのとき。感情も豊かになってきて笑顔もキラキラ、まだイヤイヤも小さくて。足にすり寄ってきて、えへえへ笑う姿が子グマを飼っているかのようで(笑)可愛かったです」と答えてくれたのは、1歳児のママ。

確かに、0歳台後半は、表情も豊かになり、今まで一方通行に見えたものが向こうから届くものも増えてきて、キャッチボールができはじめる頃。まだ歩くか歩かないかのハイハイ、伝い歩きの赤ちゃんぽさが可愛い時期ですよね。

イタズラがさかんになったり、イヤイヤが出てくるとまた、可愛さだけではないイライラも募ってくるのですが…その直前くらいの時期が可愛い!という意見、わかる気がします。

ちなみにきょうだい育児で下の子が0歳台という場合、やはり下の子の今が可愛い!という意見が多く、「ただただ癒やし」、「『イヤ』とか言うようにならないで、このまま赤ちゃんでいて〜」なんていう話も聞きました。

1〜2歳の歩きはじめの時期

「ハイハイからよちよち歩きくらいの時期の可愛さは尋常じゃなかった! 町で声をかけられるのも、その頃は本当に多かった気がする」(4歳児のママ)と、歩きはじめのまだまだあどけない感じがたまらない1歳期。

「だんだんわかることも増えてきて、一生懸命何かを伝えようとしてくれる。なんでも大人の真似をしたがって、自分なりの解釈で行動に移してやってみるところが本当に可愛い! 何が起こるかわからなくて、毎日可愛さのピークを更新してます」(1歳児のママ)と、情緒面での劇的な成長ぶりに関心して「可愛い!」と思うのも1歳期かもしれません。

2〜3歳のしゃべりはじめの時期

「動きやしゃべりがまだたどたどしくてキュンとする!」と大人気な2歳期。しゃべりはじめの日本語がおぼつかない感じや可愛い言い間違いなど、しゃべり始めてからの子どもの可愛さは毎日もだえるほど!

「“2歳最強説”をよくママ友と話してる(笑)。今でも息子が2歳の頃の動画ばっかり見ちゃう」と話していたのは、11歳の子どもを持つママ。

「上の子は赤ちゃん言葉があまり残らなかったけど、下の子は『つ』が『ちゅ』になっちゃう子で、『これ好きなやちゅだ♪』とか言ってお菓子を食べてるのが萌える! いつまでも『ちゅ』でいいのよ〜(笑)」(3歳&4歳児のママ)と、愛らしい幼児語にキュンキュンしていたママが多い一方、「赤ちゃんの頃すぐ泣いて手こずっていた長女は今が可愛い! 感情がコントロールできてきて、『そんなんイヤだい』って可愛く怒る術を身に着けてきたから」(3歳&0歳児のママ)と情緒面で落ち着いてきたところに可愛さを感じるママも。

我が家の2歳児も、2歳になった頃から劇的に言葉が増え始め、つたない言葉で毎日おしゃべりをしたり、保育園で覚えてきた手遊びや歌を披露してくれるのがたまらなく可愛く、「とうもろこし」を「とうもむし」と言ったり、子どもならではの言い間違えも多くて毎日のように動画を撮ってしまいます(笑)。

また、「上の子(女の子)はしゃべるようになってから生意気になってきて、幼稚園年長くらいのころには対等に口ゲンカしてた(笑)けど、下の子(男の子)はむしろしゃべり出してからが可愛かった」(7歳&5歳児のママ)など、男女で違うなんていう意見もありました。

天使の4歳?イヤイヤもおさまる時期

「魔の2歳、悪魔の3歳はイラつくことが多くて可愛さを見失いがち…それを超えて4歳は、いろいろ手がかからなくなって、でもまだ子どもらしい面もたくさん残ってて素晴らしく可愛い! 一緒に出歩いたり、ものを見て感想を言い合ったりできて楽しいのが4歳」(3歳&4歳児のママ)、「まだ幼いけど会話ができて、一緒にカフェに行ったりデートしたりして楽しかった。あの時間、本当に愛しかったなぁ」(8歳&1歳児のママ)と、あどけなさが残りつつもしっかりしてきて、一緒に何かを楽しめるようになる4歳を挙げるママも多かったです。

「『ママだいすきだよ』って言ってくれたり、ママの似顔絵を描いてくれたりするところが可愛い!」(4歳&2歳児のママ)、「たどたどしいお遊戯、愛らしい言い間違い、芸人のモノマネ、幼稚園のお迎えのときに『ママ〜』と走ってくる姿…今振り返っても、天使のように可愛かった。写真を見返すのもその頃のが多いかも」(高校生のママ)と、素直な子どもらしさ、可愛らしさを堪能できる時期のようです。

とはいえ、いつだって可愛い我が子!

多かったのは、上記のように0〜4歳でしたが、それでもどのママにも言えるのが、「今でももちろん可愛いけど…」という前提がついていたこと。

「寝顔と頑張ってる姿はいつだって可愛い。抱っこできなくなるくらい大きくならないで〜って思っちゃう」(4歳&6歳&8歳児のママ)というのがすべてのママの本音かも!

また、思春期の子どもを持つママからは、「この年齢になると、こんなことをできる、考えるようになったんだなあという感動のほうが多い」(中学生のママ)、「可愛いのはずっと可愛い。可愛いの質が変わってくる感じ?」(高校生のママ)という意見も。

そのときどきにしか味わえない可愛さがあるから、いつだって目が離せないのが我が子。子どもらしい可愛さは本当に小さいときだけかもしれませんが、それでも我が子への愛しさは変わらないもののようです。

常に「今」の可愛さを楽しんで育児したいですね。