【ソウル聯合ニュース】四つのホテルとコンベンション施設などを備えた複合施設「ソウルドラゴンシティ」が、ソウル・竜山に10月1日に開業する。

 地上最大40階建ての3棟のタワーにグランドメルキュール(202室)、ノボテルスイート(286室)、ノボテル(621室)、イビススタイルズ(591室)という仏アコーホテルズグループのホテル四つが入り、客室総数は韓国最大規模の1700室。コンベンション施設は最大4900人を収容可能だ。

 セミナーやビジネス会議、宴会などに利用できるミーティングルーム17室、グランドボールルーム2室、プライベートダイニングルーム8室などを備える。六つのレストランとバーがあり、三つのタワーのうち二つの上層部をつなぐ4階規模のスカイブリッジにも飲食店が入る。