「チェルシー、全てをありがとう!」アトレティコ復帰のジエゴ・コスタがクラブに別れ

写真拡大

▽アトレティコ・マドリーへの復帰が決定したスペイン代表FWジエゴ・コスタが、自身のSNSでチェルシーに感謝の意を表している。

▽昨シーズン終了後にチェルシーのアントニオ・コンテ監督から構想外を言い渡されたジエゴ・コスタ。今夏の移籍市場でアトレティコへの復帰を要求してきたが、クラブ間での交渉がまとまらず、チェルシーへの残留が決定していた。そんな中、交渉を続けてきた両クラブは先日、来冬の移籍で合意。そして26日、ついにアトレティコ復帰が発表された。

▽チェルシーの退団が決定したジエゴ・コスタは、自身のインスタグラム(diego.costa)を更新。「決して忘れることはない」と3年間を過ごしたクラブに感謝の気持ちを伝えている。

「サイクルが終わる時、いくつかのサイクルがまた始まる」

「チェルシーでのサイクルは、3年前から始まった。全ての面において素晴らしい時間だった。決して忘れることはないだろう。2度のプレミアリーグ制覇にコミュニティ・シールド優勝。120試合で59ゴール24アシスト。このサイクルは終りを迎えた」

「僕の望んでいた形じゃないけど、最良の選択ができた。このような素晴らしいファンを持つクラブ、チームメイト、医療や経営、分析に関わる全てのスタッフが僕の心の中に永遠に残っている」

「彼らが常にそばにいるということ、そして僕も彼らのそばにいる。僕はなぜこのサイクルが終わりを迎えたか理解しているよ。それは自分自身の野心を捨てることができないからなんだ。チェルシー、全てをありがとう!」