日本女子プロゴルフ協会顧問の清元登子氏が誤嚥性肺炎のため、横浜市内の病院で亡くなっていたことが27日(水)、日本女子プロゴルフ協会から発表された。78歳だった。

ツアー通算7勝。1973年の「トヨトミレディス」ではツアー史上初のアマチュア優勝を果たし話題をさらった。1983年を最後に第一線からは退いたが、その後はジュニア指導者の育成などで、女子プロゴルフ界の発展に大きく貢献。後進の指導にも尽力し、不動裕理、古閑美保、大山志保ら多くの名選手を育てた。
また、今年の2月8日にはレジェンド部門で日本プロゴルフ殿堂入りを果たしていた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

リトルコーノ、3人の賞金女王を育てた清元登子らが殿堂入り
大山志保、コースレコードを出した舞台で無念の欠場
パーマーへの黙とうと共にマスターズ開幕 ニクラス、プレーヤーが涙でセレモニー
パーマー氏死去にタイガー・ウッズ、ジャック・ニクラウスらが声明
「彼の最後の手紙を受け取ったのは私」チョン・インジ、A・パーマーを偲ぶ