杉田祐一がデ杯に続いてモンテーロを破り、ATPツアーで今季4度目の8強入り [成都オープン]

写真拡大

「成都オープン」(ATP250/中国・四川省成都/9月26日〜10月2日/賞金総額102万8885ドル/ハードコート)のシングルス2回戦で、第5シードの杉田祐一(三菱電機)がチアゴ・モンテーロ(ブラジル)を6-4 6-1で破り、ATPツアーで今季4度目の8強入りを決めた。試合時間は1時間2分。

 今大会に初出場となる杉田は、予選勝者のマテ・パビッチ(クロアチア)の途中棄権で大会初勝利を挙げていた。

 この結果で杉田は、モンテーロとの対戦成績を2勝0敗とした。両者は9日前にデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ(大阪・靭テニスセンター/ハードコート)のエース対決で初対戦したばかりで、杉田が6-3 6-2 6-3で勝っていた。

 杉田は準々決勝で、第2シードのアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)とドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)の勝者と対戦する。

 ソンチャット・ラティワタナ(タイ)とのペアでダブルスにも出場している杉田は、ルー・イェンシュン(台湾)/ディビジ・シャラン(インド)との初戦を控えている。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「成都オープン」(中国・成都)で準々決勝に進出した第5シードの杉田祐一(全米オープンでのもの)
Photo:NEW YORK, NY - AUGUST 29: Yuichi Sugita of Japan returns a shot to Geoffrey Blancaneaux of France on Day Two of the 2017 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on August 29, 2017 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Steven Ryan/Getty Images)