短文投稿サイト「Twitter」が文字数制限の緩和を試行するとして、さまざまな反響を呼んでいる。

「140文字」→「280文字」に拡大

Twitter社は9月27日、ツイートの文字数を増やすテストを行うと発表した。

日本語、中国語、韓国語以外の言語で、1回のツイートで140字に制限していた文字数を、280字に拡大するという。

本格的なサービス提供を前にごく一部の人々を対象にテストを行い、結果とフィードバックをもとに利用者が使いやすい方法を考えるという。

伝えられる情報量に差

文字数制限を拡大するのは、より簡単に表現してもらえるようにするためだという。

同社のブログによると、日本語、中国語、韓国語と他の言語では、伝えられる情報量に倍近い差があるという。文字数制限(140文字)に達するツイートの割合を比べたところ、日本語では全体のわずか0.4%だけだが、英語では全体の9%が制限に到達。

英語のツイートはすぐに上限に達してしまうので、制限文字数内にまとまるように編集したり、単語を削除したり、ツイートを諦めないといけない場合があり、利用者は文字数制限にフラストレーションを感じているという。

また、文字数に余裕がある言語の方が、よりツイートが行われることも分かった。

情報の要旨や考えをダイレクトに伝える「簡潔さ」を保てる方法が良いと考え、字数制限の拡大を試みるという。

ネット上には「ようやく平等に」という声

Twitterの字数制限の拡大は、ネット上で話題に。

中には「日本語も増やして欲しい」「不公平」という声もあるが、「確かに英語やフランス語で140文字は少ない」「これでやっと情報量が平等になる」と理解を示す人が多い。

「いつか、日本語にも拡大されるのでは…」と懸念する声もあるが、AFP通信によると、Twitter社内には日本語、中国語、韓国語については今の上限で十分という内部データがあるため、現状を維持する予定だという。