ブリュッセル自由大学のキャンパス。ベルギー・ブリュッセルにて(2015年11月23日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ベルギーの首都ブリュッセル(Brussels)で、女子学生に裕福な中高年男性を紹介するという出会い系サイトが広告を掲載したトラックを用いて大学周辺で展開しているキャンペーンに対して、当局が26日、法的措置を検討していることを明らかにした。

 宣伝を行っていたのはノルウェーのサイト「リッチ・ミート・ビューティフル」。同サイトは市内複数の大学付近で同様の宣伝を行ったことで、売春を呼び掛けたとしてベルギー国内で非難を浴びている。

 広告には赤いブラシャーで胸を隠す女性の写真に加え、「学生の皆さん!ライフスタイルを向上させよう、『シュガーダディー(若い女性に金品を与えて交際する中高年男性の意)』とデートしよう」という文句が書かれていた。

 新学期が始まった25日には、名門ブリュッセル自由大学(Brussels Free University)の外にも宣伝トラックが登場。同サイトの代表によると、他にも同様のトラック10台がこれから数週間にわたって、国内各地の主に大学周辺を巡回するという。

 このサイトをめぐり、ワロン(Wallonia)地域政府が「不品行や売春をあおるもの」として法的措置を取ると表明した他、ブリュッセルのフィリップ・クロース(Philippe Close)市長も警察当局にトラックの巡回を禁止させる意向を示している。
【翻訳編集】AFPBB News