モラタ、例の「ガムリフティング」を披露!ちょっと汚いけど上手い

写真拡大

今夏のマーケットでレアル・マドリーからチェルシーへとやってきたアルバロ・モラタ。

移籍金が高額であったこと、そしてジエゴ・コスタの後釜という立場もあって不安も囁かれたが、いきなりゴールを量産する大活躍。

コスタの穴を埋めて余りあるプレーを見せており、アントニオ・コンテ監督からも「娘婿としても最高」と変な評価までされている。

その彼が先日自身のInstagramで披露したのは、ブラジル人選手がよくやることでも知られるガム・リフティングだ!

⛳️⚽️😄

Álvaro Morataさん(@alvaromorata)がシェアした投稿 -

口から吐き出したガムを足でリフティングして、再び口の中へ!潔癖症の人はちょっと、あれだけど、上手い!