「非ステロイド性抗炎症薬」は血圧上昇の危険も(depositphotos.com)

写真拡大

 最近、ロキソニンなどの「一般的な鎮痛薬で関節炎患者の血圧が上昇する恐れがある」という論文が、『European Heart Journal』(8月28日オンライン版)に掲載されたほか、欧州心臓病学会(ESC2017、スペイン・バルセロナ)でも報告された。

 この報告を要約すると、次のようになる――。

 対象となったのは、心疾患をもつ患者と関節炎がある患者の合計444人。関節炎には、変形性関節症と関節リウマチの患者がいた。

 これらの患者を「セレコキシブ」(100〜200mgを1日2回)、「イブプロフェン」(600〜800mgを1日3回)、「ナプロキセン」(375〜500mgを1日2回)を投与する3グループ、さらにそれぞれにプラセボ(偽物の薬)のグループを加えてランダムに割り付けし、4カ月間の血圧値の変化を評価した。

 ちなみにセレコキシブ、イブプロフェン、ナプロキセンは、鎮痛、解熱、抗炎症薬として用いられる非ステロイド性抗炎症薬 (NSAIDs)。一般的に入手しやすい市販薬だ。

 研究の結果、4カ月後の収縮期血圧(SBP)の平均値は、セレコキシブでは0.3mmHg低下した一方、イブプロフェンでは3.7mmHg、ナプロキセンでは1.6mmHgも上昇した。

 さらに追加の解析では、研究開始時に「正常な血圧」だったが、研究終了時に「新たに高血圧を発症」した患者の割合は、イブプロフェンで23.2%、ナプロキセンで19.0%、セレコキシブで10.3%だった。

 いずれも「非ステロイド性抗炎症薬」を服用すると「血圧が上昇する危険性がある」――というのが示された。そして、関節炎患者が心血管疾患のリスクが上昇する一因に、このような薬を定期的に飲んでいることが影響していると考えられる。

 この非ステロイド性抗炎症薬には、市販薬で人気の「ロキソニン(一般名:ロキソプロフェン)」も含まれる。

関節炎患者の高血圧治療で亡くなる人が減る!

 非ステロイド性抗炎症薬の服用と血圧への影響をが懸念されるのには、理由がある。膝や股関節の痛みに悩む人たちは少なくないが、痛みを和らげるためにロキソニンなどの非ステロイド性抗炎症薬を飲んでいる。

 関節の痛みを引き起こす大きな原因のひとつは「体重の増加」だ。体脂肪が多ければ、高脂血症や高血圧症である割合も高い。これらが遠因となって、関節の痛みがある人は心疾患もあるケースが多いのだ。

 その結果、鎮痛薬で痛みは和らげても、心臓に負担をかけてしまうことになる。アメリカでは、変形性関節症患者の高血圧症の有病率が4割を超える。関節炎患者の高血圧を治療すれば、脳卒中による死亡を年間で7万件以上、冠動脈疾患による死亡を6万人以上、防ぐことができるとの推計も報告されている。

非ステロイド性抗炎症薬にも必ず副作用が

 ロキソニンやボルタレンなどの一般的な鎮痛薬は、医師の処方がなくてもドラックストアで入手できる。だが、「血圧上昇の危険性がある」「心血管疾患のある場合は注意すべき」と認識している人はどのくらいいるだろうか?

 ステロイド系抗炎症薬のもつ副作用の怖さに比べて、「副作用が少ない」「手軽に入手できる安全な薬」のイメージのある非ステロイド性抗炎症薬だが、薬は必ず副作用がつきものだ。

 そして、以前にも解説したが鎮痛薬は万能ではない。たとえば、ロキソニンは腰痛治療に効果がない――ことはアメリカの治療ガイドラインで発表されており、ロキソニンなどを多用すると頭痛になることも報告されている。

参考1:ロキソニンは腰痛を悪循環させる! 米国の最新ガイドラインは<腰痛に薬はほぼ効果ナシ>
参考2:薬剤の使用過多による頭痛!ロキソニンやトリプタンなどの頻回使用で頭痛に

 誰でも手軽に入手できる薬ほど、「いつ、どのような時に、どのくらい飲むべきなのか」という投薬の原則を知っておくことは大切だ。

 本来であれば「薬」は、医師の診察を受け、薬剤師による説明を受けてから飲むものである。それが自己判断で服薬できる現代、今回の論文は、薬の効果と副作用を一考させられるものだ。
(文=三木貴弘)

三木貴弘(みき・たかひろ)

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curtin大学に留学。オーストラリアで最新の理学療法を学ぶ。2014年に帰国。現在は、医療機関(札幌市)にて理学療法士として勤務。一般の人に対して、正しい医療知識をわかりやすく伝えるために執筆活動にも力を入れている。お問い合わせ、執筆依頼はcontact.mikitaka@gmail.comまで。

三木貴弘(みき・たかひろ)
理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curtin大学に留学。オーストラリアで最新の理学療法を学ぶ。2014年に帰国。現在は、医療機関(札幌市)にて理学療法士として勤務。一般の人に対して、正しい医療知識をわかりやすく伝えるために執筆活動にも力を入れている。お問い合わせ、執筆依頼はcontact.mikitaka@gmail.comまで。