ドルトムントはレアル・マドリーに完敗。ボス新監督が理想とした攻撃的な姿勢は裏目に出てしまった【写真:Getty Images】

写真拡大

2枚替えと布陣変更。攻撃的な姿勢を見せたが…

 ボルシア・ドルトムントは27日、チャンピオンズリーグのグループステージ第2戦でレアル・マドリーと対戦した。昨季王者相手に健闘したかに見えたが、終わってみれば完敗。ブンデスリーガでは6戦無敗のチームが90分間を通じて露呈したのは、これまで目立たなかった守備の脆さだった。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

--

 一歩も引かなかった。27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)、1-2のスコアで迎えた対レアル・マドリー戦の60分。ペーター・ボス監督は、2人の選手を同時に投入した。

 左SBのジェレミー・トルヤンに代わって、マフムド・ダフート。1ボランチのヌリ・シャヒンに代わって、ユリアン・ヴァイグル。この選手交代に伴って、ボルシア・ドルトムントの布陣は[4-3-3]から[3-6-1]に移行した。

 ウカシュ・ピシュチェク、エメル・トプラク、ソクラティスの3バック。左右両ウイングのマキシミリアン・フィリップとアンドリー・ヤルモレンコは、少し下がってウィングバックのようなポジションを取った。中盤はヴァイグル、ダフート、ゴンサロ・カストロ、マリオ・ゲッツェの4人で構成。そして1トップに、ピエール=エメリク・オーバメヤンだ。ボス監督は、4枚のDFのうち1枚を削って中盤にダフートを加え、中央の人数を厚くした。

 指揮官はさらに人数を前にかけ、攻撃的な姿勢を取った。スコアは1-2という状況で、1点を追わなくてはならないのであれば、当然のことなのかもしれない。しかし相手は昨季のCL王者。個々のクオリティは欧州トップクラスだ。確かに前半はガレス・ベイルの1点で済んでいる。ダニ・カルバハルやクリスティアーノ・ロナウドが決定機を外すなど、マドリーは本来の調子ではなかったかもしれない。ドルトムントにとってチャンスだった。

 しかし50分、後半立ち上がりという勝負どころで、C・ロナウドがきっちり2点目を決めてくるなど、彼らは腐っても“エル・ブランコ”だった。54分にオーバメヤンが1点を返した後に、ボス監督が選んだ布陣は、少なくともトーマス・トゥヘル前監督時代には見られなかった冒険的なスタイル。トゥヘルであれば、同じ3バックでもウィングバックを最終ラインに吸収した5バック気味で、カウンターを狙っただろう。

欧州の舞台で通用しなかった守備。バランスに再考の余地あり

 ボス新監督は、相手との力の差を前に、[4-3-3]を維持して攻守のバランスを修正しようとはせず、組織の秩序を少し壊しても攻撃に比重を置こうとした。ドルトムントはマドリーを相手にして、昨季とはまるで違うアイデンティティをピッチ上に示したのだ。

 しかしそうした敢闘精神が、結果に繋がるかどうかはまた別の問題である。布陣変更から10分程は、相手のゴールに迫ることができた。中盤でゲッツェがボールを奪ってカウンターを仕掛け、高い位置でヴァイグルがクリアボールを拾って攻撃に転じるなど、中盤が厚みを増した。

 だが70分が過ぎる頃には、マドリーもドルトムントの前がかりな姿勢に慣れてしまった。3バックの両脇のスペースを使われ、アタッキングサードへの侵入を許すようになる。それでもボス監督は、あくまで攻撃的だった。

 76分、ゲッツェに代えてクリスティアン・プリシッチを投入。アメリカ代表FWはヤルモレンコのいた右サイドに入り、ウクライナ代表FWはセカンドトップの位置へ。ところが2度目の布陣変更も束の間、中央で縦パスを簡単に通され、C・ロナウドに決定的な3点目を決められてしまう。

 普段のブンデスリーガではそこまで目立たない組織的守備の粗さが、CLの舞台では浮き彫りになる。グループステージ第1戦のトッテナム戦で浮かび上がった課題は、まだ解決されていないようだ。

 1-3でマドリー戦を落とし、グループHで2連敗となったドルトムント。残りは4試合。決勝トーナメント進出のためには、強豪ひしめく欧州の舞台における攻守のバランスを再考する必要がありそうだ。

(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

text by 本田千尋