マツモトキヨシホールディングス、東武ホテルマネジメント、東武鉄道の3社は、9月29日に成田東武ホテルエアポートに、「薬マツモトキヨシ成田東武ホテルエアポート店」をオープンすると発表した。

化粧品やサプリメントのほか、日用品、お菓子などのお土産として人気の商品も取り扱う。日本人向けに、旅行やビジネスで必要な医薬品や化粧品も揃えた。成田東武ホテルエアポートの宿泊者は、約7割が外国人であることから、免税対応も行う。広さは約30坪、営業時間は午後2時から午後11時まで。

マツモトキヨシのホテル内への出店は初めて。新業態モデルの構築を進めており、次世代ヘルスケア店舗のほか、訪日外国人観光客に対応する免税店舗や特化型店舗を拡大している。