アトレティコに移籍したジエゴ・コスタ【写真:Getty Images】

写真拡大

 アトレティコ・マドリーが26日、チェルシーに所属する28歳のFWジエゴ・コスタがメディカルチェックを通過したことで正式に獲得が決まったことを発表した。

 クラブの発表によると、明日からチームのトレーニングに参加するとのこと。ただし、選手登録は来年の1月1日を予定している。チェルシーのエースストライカーとして活躍していたD・コスタだが、昨シーズン終了後にはアントニオ・コンテ監督から構想外の通告を受け、移籍先を探し始めた。古巣であるアトレティコが再獲得を望み、本人も復帰を熱望していたが、夏の移籍市場の終了までに移籍が成立することはなかった。

 そして、ようやく移籍の目処がたったD・コスタは「僕の家に帰ることが出来てとても嬉しい。僕はいつもアトレティコがマイホームだと言ってきた。とても、とても、とても幸せだ」と、喜びを爆発させている。

text by 編集部