PKを失敗したマンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロ

写真拡大

 26日に行われた欧州CLグループリーグ第2節でシャフタール(ウクライナ)をホームに迎えたマンチェスター・シティ(イングランド)は2-0の完封勝利を収めた。

 この試合でクラブ最多得点記録(177得点)に並ぶ可能性のあったFWセルヒオ・アグエロにチャンスが訪れたのは後半26分だった。PA内に進入したMFレロイ・サネがDFイバン・オルデツに倒されて、マンチェスター・CにPKが与えられる。しかし、キッカーを務めたアグエロが蹴り出したシュートはGKアンドリー・ピヤトフに阻まれてしまった。

 クラブ公式ウェブサイトによると、試合後にアグエロの記録に関する質問が出たようで、チームを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は「セルヒオは記録を塗り替えるよ。記録まで、あと50ゴールあるわけではないんだ。もし、記録を更新したら質問してほしい」と答え、エースへの信頼を示している。

 また、先制点となるミドルシュートを叩き込んだMFケビン・デ・ブルイネも「アグエロは僕らのナンバーワンPKキッカーだよ。もし、外したとしても、僕らは彼を信用しているし、これからのキャリアでPKでも得点を決めていく」と答えている。


●プレミアリーグ2017-18特集

●欧州CL17-18特集