【米ビルボード・アルバム・チャート】フー・ファイターズ初登場1位、防弾少年団が自身初のTOP10入り

写真拡大

 フー・ファイターズの新作『コンクリート・アンド・ゴールド』が初登場1位を獲得した、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 日本でも高い人気を誇る、米ワシントン州出身のオルタナティヴ・ロック・バンド、フー・ファイターズ。本作『コンクリート・アンド・ゴールド』は、2014年11月に発売された8thアルバム『ソニック・ハイウェイズ』(最高2位)から、3年振り、9作目となるスタジオ・アルバムで、アメリカでは2011年の7thアルバム『ウェイスティング・ライト』に続く通算2作目、イギリス(全英チャート)では、4作目の首位獲得となる。全米/全英チャート以外でも、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランドなどの主要国で、No.1デビューを果たしている。

 フー・ファイターズは、今年でデビュー22周年目を迎えた。1995年7月にリリースしたデビュー作『フー・ファイターズ』は、全米アルバム・チャート最高23位だったものの、ロングヒットを記録して累計130万枚を突破した。続く2ndアルバム『ザ・カラー・アンド・ザ・シェイプ』(1997年)は10位にランクインし、自身初のTOP10入りを果たす。3rdアルバム『ゼア・イズ・ナッシング・レフト・トゥ・ルーズ』(1999年)は同10位どまりだったが、2001年の【グラミー賞】で<ベスト・ロック・アルバム>部門を受賞し、全世界で大ヒットした。

 2002年の4thアルバム『ワン・バイ・ワン』は最高3位、『イン・ユア・オナー』(2005年)は2位、『エコーズ、サイレンス、ペイシェンス・アンド・グレイス』(2007年)は3位、そして前述の『ウェイスティング・ライト』では初の全米No.1デビューを果たし、イギリスやオーストラリアなどの主要各国でも首位獲得を果たした。つまり、入れ替わりの激しいアメリカのチャートで、2作目から8作連続でTOP10入りしていることになる。

 初週の総ユニット数は128,000。その内、120,000万枚がアルバムの純粋な売上だった。ダウンロード数が激減している昨今、アルバムのセールスだけで10万枚を突破するというのは、人気アーティストである証拠。ただ、ロック・バンドやカントリー系のアーティストの場合、ストリーミングが弱いため、翌週に大きく順位を落とすことが多い。一方、ストリーミングの強いラップ系のアーティストは、売上は悪いがストリーミングが強いため、粘り強くランクインする傾向にある。今週2位に浮上したリル・ウージー・ヴァートや、TOP10内にランクインし続けている、ケンドリック・ラマーも、ユニット数のほとんどはストリーミングによるものだ。

 7位にデビューした防弾少年団(BTS)は、韓国のボーイズ・グループ。本作『LOVE YOURSELF 承 “Her”』は、9月18日にリリースされた5枚目のEP盤で、昨年10月にリリースした2ndアルバム『WINGS』で獲得した最高26位を大きく上回り、自身初のTOP10入りを果たした。ソング・チャートでは、PSY(サイ)が2012年に「江南スタイル」(最高2位)、2013年に「ジェントルマン」(最高5位)の2曲をTOP10内に送り込んでいるが、全米アルバム・チャートで韓国のアーティストがTOP10入りするのは、本作が初。韓国でも、75万枚を売り上げ初登場1位にデビューすると報じられている。

 9位には、カントリー・デュオのビッグ&リッチが初登場。本作『ディド・イット・フォー・ザ・パーティー』は、2014年の5thアルバム『グラビティ』から3年振り、6枚目のスタジオ・アルバムで、前作で獲得した51位から大きく飛躍し、自身4作目のTOP10入りを果たした。これまでには、デビュー作『ホース・オブ・ア・ディファレント・カラー』(2004年)が6位、翌年の2ndアルバム『カミング・トゥ・ユア・シティー』が7位、2007年の3rdアルバム『ビトウィーン・レイジング・ヘル・アンド・アメイジング・グレイス』が6位をマークし、【CMTミュージック・アワード】でも毎年ノミネートされるほど人気を博している。


Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、9月27日22時以降予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『コンクリート・アンド・ゴールド』フー・ファイターズ
2位『Luv Is Rage 2』リル・ウージー・ヴァート
3位『ライフ・チェインジズ』トーマス・レット
4位『DAMN.』ケンドリック・ラマー
5位『17』XXXTentacion
6位『アメリカン・ティーン』カリード
7位『LOVE YOURSELF 承 “Her”』防弾少年団(BTS)
8位『エヴォルヴ』イマジン・ドラゴンズ
9位『ディド・イット・フォー・ザ・パーティー』ビッグ&リッチ
10位『ストーニー』ポスト・マローン