【米ビルボード・ソング・チャート】話題の女性ラッパー=カーディ・Bがテイラーを下し初首位に、ポスト・マローンが2位にデビュー

写真拡大

 女性ラッパー、カーディ・Bの「ボダック・イエロー」が自身初の全米No.1獲得を果たした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 通算3週の首位を死守した、テイラー・スウィフトの「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ〜私にこんなマネ、させるなんて」は今週3位にダウンし、テイラーに代わってカーディ・Bの「ボダック・イエロー」が新たなNo.1に輝いた。女性ラッパーとしては、2014年に7週の首位をマークした、イギー・アゼリアの「ファンシーfeat.チャーリー・エックス・シー・エックス」以来3年振り、そしてゲスト・アーティストなしの単独では、ローリン・ヒルの「ドゥー・ワップ(ザット・シング)」(1998年)以来の快挙となる。

 ストリーミングが強いこの曲、6月24日に公開されたミュージック・ビデオは、これまでに1億7000万回を超える視聴回数を獲得していて、音楽配信サービスなどでも高い数字をマークしている。しかし、今週ポイントが上昇したのは、ストリーミングではなく、デジタル・セールス(売上)が伸びたため。要因としては、ダウンロードの価格を値下げをしたことが挙げられる。

 続いて2位に初登場したのは、ポスト・マローンの新曲「ロックスターfeat. 21サヴェージ」。この秋リリースされるのではないかと予想されている、2作目のスタジオ・アルバムからの先行シングルとして公開され、全米のみならず、オーストラリアやニュージーランドでもTOP10入りし、カナダとスウェーデンでは、自身初のNo.1獲得を果たした。ポスト・マローンにとっては、今年1月にリリースした「コングラチュレーションfeat.クエヴォ」(最高8位)に続く2曲目、21サヴェージにとっては、初のTOP10入りとなる。主要ポイントの上昇率によっては、次週早くも首位の入れ替わりがあるかもしれない。21サヴェージの新曲「バンク・アカウント」も、17位に粘り強くランクインしている。

 先週の16位から8位へ、再び返り咲きのTOP10入りを果たしたのは、ヨー・ガッティの「レイク・イット・アップfeat.ニッキー・ミナージュ」。9月9日付ソング・チャートで10位に到達したが、翌週13位までダウン。このまま圏外へ落ちると思いきや、テレビ番組でパフォーマンスしたことが話題となり、再び息を吹き返した。カーディ・Bの首位獲得に続き、ニッキー・ミナージュも再ランクインしたことで、今週はTOP10内に女性ラッパーの作品が2曲、ランクインしたことになる。今後は、フィーメール・ラッパーの活躍が期待できそうだ。

 先週の14位から10位へ、自身初のTOP10入りを果たしたのは、米アラスカ州出身のオルタナロック・バンド、ポルトガル・ザ・マンの「フィール・イット・スティル」。6月16日にリリースされた新作『ウッドストック』からの先行シングルとして3月にリリースされたこの曲、半年後の今ブレイクしたのは、アップルのCMソングに起用されたため。ソング・チャートは、ストリーミングの強いR&Bやラッパー系のアーティストが上位を独占する傾向にあるが、今週は7位に上昇したイマジン・ドラゴンの「ビリーヴァー」とこの曲、ロック・バンドのシングル曲がTOP10内に2曲もランクインする異例のチャートとなった。

 66位には、ワン・ダイレクションのナイル・ホーランによる4か月振りとなる新曲「トゥー・マッチ・トゥ・アスク」が初登場した。この曲は、10月20日にリリースされるデビュー・アルバム『フリッカー』からの3曲目となるシングルで、デビュー曲「ディス・タウン」は最高20位、そして5月にリリースした2ndシングル「スロウ・ハンズ」は、今週11位まで上昇している。前2曲のヒットと、アルバムのプロモーション効果などを受け、この曲も上位にランクインすることが期待されている。

 続いて67位には、米アトランタのラッパー、グッチ・メインの新曲「カーブfeat.ザ・ウィークエンド」がデビューした。この曲は、新作『Mr. Davis』からの先行シングルとして9月13日にリリースされたもので、本作からは、今年2月に「メイク・ラブfeat.ニッキー・ミナージュ」、6月に「トーン・イット・ダウンfeat.クリス・ブラウン」、そして先月8月に「アイ・ゲット・ザ・バッグfeat.ミーゴズ」の3曲がリリースされている。アルバムは、10月13日に発売予定。


Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、9月27日22時以降予定となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「ボダック・イエロー (Money Moves)」カーディ・B
2位「ロックスターfeat. 21サヴェージ」ポスト・マローン
3位「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ〜私にこんなマネ、させるなんて」テイラー・スウィフト
4位「1-800-273-8255」ロジックfeat.アレッシア・カーラ&カリード
5位「デスパシートfeat.ジャスティン・ビーバー」ルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキー
6位「アンフォゲッタブル」フレンチ・モンタナfeat.スワエ・リー
7位「ビリーヴァー」イマジン・ドラゴンズ
8位「レイク・イット・アップfeat.ニッキー・ミナージュ」ヨー・ガッティ
9位「アテンション」チャーリー・プース
10位「フィール・イット・スティル」ポルトガル・ザ・マン