CLでまさかの誤審…セルヒオ・ラモスの豪快なハンド、見逃される

写真拡大

26日(火)に行われたUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第2節。

レアル・マドリーはアウェイでドルトムントを1-3で下し、連勝を飾った。

18分にギャレス・ベイルが先制点をあげ、1-2と迫られた後に3点目をマークするなど、一見無難にゲームを進めたように見えるが、実は前半に試合を分けたシーンがあった(01:00から)。

0-0で迎えた14分、カウンターからチャンスを迎えたドルトムント。

アンドリー・ヤルモレンコからの折り返しをマクシミリアン・フィリップが合わせるも、これをGkケイロル・ナバスが好セーブ。その後、イスコが大きくクリアし難を逃れたのだが…

静止画で見てみると、ケイロル・ナバスがセーブした後、なんとセルヒオ・ラモスが豪快にハンドをしていたのだ。

しかし、主審を務めたビョルン・クイペルスは笛を吹かず、ドルトムントにPKは与えられなかった。

ドルトムントはこの直後に先制点を許しており、試合の行方を左右したジャッジとなった。

画像提供:国内・海外のサッカーを楽しめる!「スカパー!サッカーオンデマンド」