140文字と280文字のツイート/画像はすべてTwitter公式ブログより

写真拡大 (全3枚)

Twitterは9月26日、日本語、中国語、韓国語を除く言語において、ツイートの文字数制限を倍の280文字にすると明らかにした。

【Twitterがツイート文字数を280文字に 英語やスペイン語、ポルトガル語などの画像・動画をすべて見る】

すでに同日から、一部のユーザーを対象にしたテストをスタートしている。

日本語で140文字に達するツイートはわずか0.4%


同じ意味の文言を言語別に表したもの


公式ブログに掲載された内容によると、日本・中国・韓国の3言語は、スペイン語、ポルトガル語、フランス語などに比べ、少ない文字数で倍近い情報量を伝えることができるという。


合わせて提示された上の図でも、日本語では140文字に達しているツイートは、全体のわずか0.4%しかない。対して、英語のツイートでは全体の9%が140文字に達していることがわかる。

日本語の場合ほとんどのツイートが15文字、しかし英語では34文字であり、ユーザーのフラストレーションの一因になっていた。

本格的な導入については、テストの結果およびフィードバックを合わせて決定されるという。

過去には「文字数を10,000字へ拡大する」との情報が流れ、議論を巻き起こしたTwitter。当時は「もはやつぶやきではない」という意見も上がっていた。