スーパージュニア(左からシンドン、ヒチョル、イェソン、イトゥク)(レーベルSJ提供)=(聯合ニュース)

写真拡大 (全10枚)

【ソウル聯合ニュース】韓国の人気グループ、SUPER JUNIOR(スーパージュニア)が11月6日にニューアルバムをリリースする。所属事務所SMエンタテインメント傘下のレーベルSJが27日、明らかにした。

 デビュー12周年を迎えて発売されるニューアルバムは、2015年のスペシャルアルバム「DEVIL」と「MAGIC」以来約2年ぶりの新譜となる。

 今回の活動にはイトゥク、ヒチョル、シンドン、イェソンのほか、7月に兵役を終え除隊したウニョクとドンヘ、8月に除隊したシウォンの7人が参加する。昨年飲酒運転で事故を起こし、活動を自粛しているカンインと、結婚などを巡りファンから意思疎通や説明の不足により非難されたソンミンは活動に加わらない。リョウクとキュヒョンは昨年10月、今年5月にそれぞれ兵役に就いた。

 05年11月にデビューしたスーパージュニアは、台湾最大の音楽サイト・KKBOXの韓国音楽チャートで121週連続1位、韓国アーティストとして初のワールドツアー100回達成、韓国グループとして初めてフランスでの単独公演を行うなど多くの記録を持ち、海外で高い人気を集めている。