ハットトリックを達成したハリー・ケイン【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間26日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節の試合が行われ、トッテナムはキプロス1部APOELニコシアのホームに乗り込んで対戦し3-0の勝利をおさめた。この試合でハットトリックを達成した24歳のFWハリー・ケインをマウリシオ・ポチェッティーノ監督が称賛していると、英メディア『ESPN FC』が報じている。

 試合開始して39分、トビー・アルデルヴァイレルトからの縦パスを受け取ったケインがシュートを放ち先制点を決めた。続く62分、右サイドのムサ・シッソコがゴール前に折り返したボールにケインが合わせ追加点。さらに67分、キーラン・トリッピアーのクロスにケインが頭で合わせてチーム3点目を決めた。ケインの活躍もありトッテナムは3-0の勝利をおさめCL2連勝としている。

 試合後にポチェッティーノ監督は「クリスティアーノ・ロナウドはファンタスティックな選手の一人だ。ハリーもまた、最高の選手の一人。むしろ、若い分だけハリーの方が優れているね。どちらの選手も同じチームに欲しいと思う選手だよ」とコメントしている。

text by 編集部