齋藤学の長期離脱が発表された。今季中の復帰はもちろん、ロシアW杯出場も危ぶまれる【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

まさかの全治8ヶ月。今季絶望、さらにはロシアW杯も…

 26日、横浜F・マリノスは齋藤学の負傷離脱を発表した。全治までに要する期間は8ヶ月と見込まれている。シーズン終盤に向けて、そして来年に控えるW杯に向けて最悪のタイミングでの長期離脱。日本代表の切り札になりうる唯一無二の武器を持った選手だったのだが…。(取材・文:河治良幸)

--

 9月23日に行われたJ1第27節のヴァンフォーレ甲府戦で負傷交代した齋藤学の診断結果は右膝前十字じん帯の損傷、全治8ヶ月の見込みと発表された。これはJ1の5位につける横浜F・マリノスでの残りシーズンの欠場が確定したと同時に、明日28日にメンバーが発表される日本代表への年内の復帰が絶望になったことも意味する。

 昨冬中の欧州移籍が実現せず、心機一転キャプテン就任、そして10番を背負った今季だが、開幕からノーゴールが続いていた。9月16日に行われたJ1第26節の柏レイソル戦で得意の左ワイドから右足を振り抜く形で、ようやく初得点を挙げた。

 一方でアシストはリーグ2位タイの8つを記録しており、堅守速攻をベースとする横浜F・マリノスでは彼のドリブルが明確なスイッチとなっていた。ここまでも動きそのものは悪くなかったが、ゴールを決めたことで周囲からの重圧も取れ、波に乗っていける状況だったはず。そんな矢先の負傷となってしまった。

 8月31日のオーストラリア戦でロシアW杯の切符を手に入れた日本代表は、10月6日にニュージーランド、10月10日にハイチとの親善試合を行い、さらには11月に欧州遠征、12月には国内組での参戦が見込まれるEAFF E-1サッカー選手権2017(東アジアE-1サッカー選手権、東アジアカップから名称を変更)が控えている。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督も当然ながら日本屈指のドリブラーである齋藤の動向に注目していた様子だが、W杯本大会までの日程を考えても、かなり厳しい状況になったと言わざるをえない。

 齋藤の基本ポジションは左のウィングまたはサイドハーフであり、日本代表では原口元気(ヘルタ・ベルリン)をはじめ乾貴士(エイバル)、武藤嘉紀(アウクスブルク)など海外組のタレントがひしめき、アウクスブルクからドイツ2部のフォルトゥナ・デュッセルドルフに移籍した宇佐美貴史も前節のザンクト・パウリ戦で目の覚めるようなゴールを決めるなど復調傾向にある。

齋藤が持つ唯一無二の武器。日本代表の貴重なオプションに

 しかしながら、齋藤には純粋に彼らとポジションが被るという理由で見限ることができない持ち味がある。ワイドな位置でボールを持てば積極的に仕掛け、高確率でクロスやシュートに持ち込む、純然たるドリブラーの気質とその切れ味は、海外組のライバルと比べても特筆に値するものだ。

 ここからW杯本大会のメンバー発表までの8ヶ月間、ハリルホジッチ監督が選考で重視するのは主力のベースになる要素だけではない。いかに戦術的なオプションを増やし、対戦相手や時間帯に応じた戦いを準備できるか。アルジェリア代表でも大会直前に当時チャンピオンシップ(イングランド2部)のレスターに所属していたリヤド・マフレズを抜擢したのもそうした理由からだ。

 そうした意味から考えて、昨年11月を最後に代表から遠ざかっている齋藤にも少なからずチャンスはあったはずだ。明日のニュージーランド戦とハイチ戦に向けたメンバー発表のリストに名前が載る予定だったかどうかは定かではないが、順当なら東アジアE-1サッカー選手権でチャンスが与えられるチャンスはかなり高かったはずだ。

 思い出すのは2014年のブラジルW杯。2013年に韓国で行われた東アジアカップで優勝に貢献した齋藤はW杯の最終メンバーに選ばれた。期待されたのは後半の点を取りたい時間帯でドリブルを武器に攻撃に勢いをもたらし、決定的なチャンスを作り出すこと。そのために練習では大いにアピールしていたはずだが、勝負の時間帯でも当時のアルベルト・ザッケローニ監督から投入の声がかかることはなかった。

 最もチャンスがあったのはグループステージ第2戦のギリシャ戦だろう。[4-2-3-1]で1トップに大迫勇也、2列目に大久保嘉人、本田圭佑、岡崎慎司が並ぶ布陣でスタートした日本だが、自陣で守備を固めるギリシャを攻め崩せず、後半から長谷部誠を遠藤保仁に代え、57分には大迫を下げて香川真司が投入されたものの、打開し切れないまま時間が経過した。しかし、結局3枚目の交代カードは切られないまま、0-0で試合終了のホイッスルが吹かれたのだ。

前向きな言葉を信じて。完全復活を待つのみ

 試合後、センターバックで出場していた今野泰幸から話を聞いた時に、ギリシャを崩し切れなかった要因を聞いた流れで出たのが齋藤の名前だった。先のコートジボワール戦でベンチだった今野はサブ組の状態をよく観察していたようだが、特に練習で好調だったのが齋藤だという。監督の決定というのは結果の理由がつく部分もあるが、ギリシャ戦の状況を考えれば最も齋藤を生かしやすい状況であったことは確かだ。

 結局コロンビア戦でも出番はなく、未出場のままブラジルW杯を終えることとなった齋藤は「絶対の存在になって戻ってくる」と前を向いた。しかしながらハビエル・アギーレ前監督体制で招集されることはなく、昨年3月に負傷の小林悠(川崎フロンターレ)に代わる追加招集で1年9ヶ月ぶりに復帰した。「懐かしさや久しぶりな感じがした」と語りながらも新たなチャレンジとして意気込みを見せていたのが印象的だ。

 その時も出場機会はなく、昨年10月、11月もメンバー入りしたものの、オマーンとの親善試合に出場したのみで、今年は一度も招集されていない。しかしながら本大会に向けたオプションとしては十分にチャンスがあったはず。このタイミングでの負傷離脱は横浜F・マリノスはもちろん、日本代表にとっても痛い。誰よりも本人が悔しいはずだが、自身の公式ツイッターでもロシア行きを諦めないことを宣言している。

 ハリルホジッチ監督は東アジアE-1サッカー選手権を国内組の最終的な絞り込みの機会と捉えており、さらに欧州遠征、来年3月の代表ウィークで海外組も含めた23人のメンバーを固めていく方針と考えられる。ただ、齋藤の場合は指揮官やスタッフが知らない選手ではなく、特に本大会でジョーカーとなれる選手が見極められなければ、そこからの活躍次第では滑り込みのチャンスは出てくるかもしれない。

「ロシアのW杯もマリノスの優勝も、海外でのプレーも諦めずに追いたいと思います」(齋藤学の公式ツイッターより)

 今はその前向きな言葉をリスペクトし、日本を代表するドリブラーの完全復活を待ちたい。

(取材・文:河治良幸)

text by 河治良幸