フィギュアスケートの2017-2018シーズンが幕を開けた。日本勢は、本田真凜が9月15日のUSインターナショナルクラシックでシニアデビュー戦を飾るなど、平昌五輪(韓国)の出場枠「2」をかけた代表争いも気になるところだが……。その先の本戦で、代表選手たちの前に立ちはだかるだろうロシア勢からも目が離せない。

 シーズンイン直前に、ソチ五輪の団体優勝の立役者となったユリア・リプニツカヤが引退。さらに、同大会で金メダルを獲得したアデリナ・ソトニコワが今シーズンを全休するというニュースが伝えられた。それでもロシア女子は、10月20日から開幕するグランプリ(GP)シリーズで2戦に出場する選手が最多の8名と、王国ぶりは健在だ。


「女王」メドベデワだけでなく、「新星」ザギトワにも要注目だ

 その王国をけん引するのは、世界選手権とGPファイナルを連覇しているエフゲニア・メドベデワ。まだ17歳だが、2016年の世界選手権フリーで150.01点を出して以来、ショートプログラム(SP)とフリー、トータルを合わせて、9回も歴代最高得点を更新してきた。

 昨季は、世界選手権連覇を果たしたあとの世界国別対抗戦でトータルを241.31点にまで伸ばし、歴代2位のキム・ヨナ(韓国)に12.75点差をつけている。歴代3位の記録を持つソトニコワは全休のため、今季出場する現役選手のなかでは歴代4位の宮原知子が次点となるが、その差は22.98点とダントツな状況。スロバキアで行なわれたオンドレイ・ネペラ杯でも、他を寄せつけない圧巻のシーズンV発進を決めている。


 メドベデワの1年先輩にあたるアンナ・ポゴリラヤも、昨季のGPファイナルで3位、ヨーロッパ選手権で2位に入った実力のある選手だ。世界選手権フリーではミスを連発し、13位に落ちて号泣する場面もあったが、今年のアイスショーでは貫禄さえ感じられる演技を見せていた。

 まだ19歳だが、技術が高く伸びのある滑りは世界トップクラスで、ベテランの雰囲気を漂わせる選手。昨季のGPファイナルでは216.47点を出していたが、その演技をさらに熟成させられれば得点はまだ伸びる。世界選手権の雪辱を果たす気持ちも強いだけに、今季に大躍進が期待できるひとりだ。

 また、シニア初シーズンながら昨年のGPファイナルに進出し、世界選手権にも出場したマリア・ソツコワも、上位に食い込むポテンシャルを持っている。昨季のGPファイナルは190点台の得点で5位にとどまり、世界選手権では8位と、大舞台ではあまり目立たなかった。しかし、ロシア選手権ではSPでノーミスの演技を披露し、メドベデワに次ぐ2位につけると、フリーもノーミスで演じきった。演技構成点はすべての項目で9点台を出し、トータル219.90点で3位になっている。

 そのロシア選手権で、ソツコワを1.31点上回って2位になったのは、まだジュニアの選手だったアリーナ・ザギトワだった。昨季はジュニアGPデビューシーズンながら、初戦で優勝。2戦目となったリュブリヤナ杯でもSPで1位につけていたが、フリーでは、ひとつ前に滑った紀平梨花がトリプルアクセルを決めて力んだのか、中盤のジャンプで回転不足を連発して本田真凜にも逆転を許し、3位にとどまった。


 しかし、ジュニアGPファイナルでは、ジュニア史上初の200点超えとなる207.43点を獲得して優勝した。今年3月の世界ジュニアでは、フリーでひとり前の本田が完璧な演技で133.26点を出してプレッシャーをかけたが、ザギトワはまったく動じず、完璧な演技で自身が持つジュニア最高得点を更新する138.02点を叩き出した。トータルをジュニア歴代最高の208.60点に伸ばして優勝し、精神面の成長も見せつけている。

 メドベデワと同門だが、ザギトワのすごさはSP、フリーともジャンプのすべてを、得点が1.1倍になる後半に入れているところにある。昨季のロシア選手権のフリーの得点は、1位になったメドベデワに6.54点差をつけられていたものの、技術点では前半に3回転フリップ+3回転トーループと3回転ルッツを入れているメドベデワを、1.74点上回る77・30点を獲得していた。


シニア初挑戦となる今季、ザギトワはどんな成長を遂げるのか

 今季はシニア初挑戦のシーズンになるが、平昌五輪を狙うとなれば当然のようにプログラムの完成度を高め、演技構成点でも高得点を獲得できるような構成にしてくるはず。メドベデワがシニア1年目のシーズンで世界女王まで駆け上がったように、一気に大躍進を遂げる可能性も高い。


 その他の選手では、2015年の世界選手権で3位に入ったエレーナ・ラジオノワも侮れない。最近は、SPはよくてもフリーでジャンプの回転不足により順位を落とす場面が目立つものの、その課題を克服すれば220点に迫る力を持っている。さらに、2015年世界選手権のSPでトリプルアクセルを成功させて優勝した、エリザベータ・トゥクタミシェワも不調から脱しつつある。8月のサンプトペテルブルグ杯を213.35点で優勝し、その後はトリプルアクセルの練習に励んでいるという。かつての女王が”大きな武器”を携え、五輪シーズンに復活を期す。

 平昌五輪でメダルを狙う日本勢は、昨季の世界選手権で2位、3位を占めたカナダ勢や、アメリカ勢の巻き返しもチェックしなくてはならない。しかし、やはり”王国ロシア”の顔ぶれがどうなるかが、最大の関心事となりそうだ。

Sportiva フィギュアスケート特集号
『羽生結弦 いざ、決戦のシーズン』
10月5日(木)発売予定!


★詳しくはこちらから>>

■フィギュアスケート 記事一覧>>

■フィギュアスケート特集ページ>>