一般社団法人あじさいの輪(TSR企業コード:712230360、法人番号:1260005009514、倉敷市片島町5−7、設立平成25年10月、代表理事:江草寛幸氏)と、関連の(株)あじさいの花(TSR企業コード:013524488、法人番号:2260001027799、同所、設立平成26年12月、資本金1000万円、市川孝子社長)、(株)プロジェ(TSR企業コード:712229159、法人番号:5260001026311、同所、設立平成25年9月、資本金750万円、江草寛幸社長)は9月15日、岡山地裁に民事再生法の適用を申請した。監督委員には石川敬之弁護士(つばさ法律事務所、岡山市北区弓之町10−20、電話086−223−5250)が選任された。
 負債は現在調査中。

 あじさいの輪は平成26年1月に障害者と雇用契約して就労機会を提供する就労継続支援A型事業所を開設する一方、関連会社で飲食店経営やウナギの養殖場を運営。関連会社と合わせて倉敷市内で就労継続支援A型事業所5カ所を運営していた。
 しかし、29年7月末、経営悪化を理由に事業所を閉鎖して障害者約220人を解雇した。岡山県は8月と9月の2度にわたって、障害者総合支援法に基づき、希望者全員に対する再就職先の確保などを勧告。動向が注目されるなか、民事再生法に基づく再生手続を選択した。
 なお、10月2日午後1時より倉敷市芸文館において債権者説明会が開催される予定。