天気予報の確認は「テレビ」が8割で「スマホ」を大きく上回る!(マクロミル調べ)

写真拡大 (全7枚)

北は亜寒帯から南は亜熱帯まで様々な気候区分を持つ日本。近年、大型台風やゲリラ豪雨といった異常気象が目立ち、「観測史上初」「統計史上初」という言葉もよく耳にする。そこで、天気に関する情報の取得方法や、天気によって変わる行動など、天気に関するアレコレについて、 20〜69歳の男女1,000人を対象に調査した。

【1】8割がほぼ毎日天気予報を確認!“確認しない派”は全体の7%にとどまるが、 20代男性は突出して多く22%にのぼる
普段の天気予報の確認頻度を尋ねたところ、「毎日必ず確認する」と答えた人は過半数の52%となった。「毎日必ず確認」「できる限り毎日確認」を合わせると78%で大多数の人がほぼ毎日天気を確認していることが分かる。

一方で、「あまり確認しない」「まったく確認しない」と答えた人の割合は全体で7%にとどまったが、 20代男性では22%にのぼった。天気予報を確認しない理由は「確認する必要性を感じない」が33%で最も多く、次いで「確認するのがめんどうくさい」が32%だった。

【図】 天気予報の確認頻度
ベース:全体 / n=1,000

【図】 天気予報を確認しない理由 上位5位
ベース:天気予報を「あまり確認しない」「全く確認しない」人/ n=76(複数回答可)


【2】天気確認は「テレビ番組の天気コーナー」が83%で主流。若い世代ほど携帯・スマホを利用
天気予報の情報源を尋ねたところ、最も多かったのは「テレビ番組の天気コーナー」で83%と圧倒的だった。性年代別に見ても、すべての層で利用率は高く、最も低い30代男性でも75%だった。携帯電話やスマホが広く普及しているとはいえ、世代や性別問わず、“天気予報はテレビで確認するもの”として生活に浸透しているさまがうかがえる。

「テレビ番組の天気コーナー」に次いで多かったのが「携帯電話・スマホの天気情報アプリ」で、全体で50%の人が利用していると答えた。特に利用率が高かったのは20代女性で75%にのぼった。

【図】 天気予報の情報源 上位5位
ベース:全体 / n=1,000(複数回答可)


【図】 天気予報の情報源別利用率(性年代別)
ベース:全体 / n=1,000


【3】天気による行動には明確な男女差が。 1日中晴れの日は“外出&くつろぎたい”男性と“家事をしたい”女性
「何も予定がない日、 1日中晴れ予報だったら何をしたいか」と尋ねたところ、男女間の違いがくっきりと浮き彫りになった。

男性で最も多かった回答は「公園等屋外へ出かける」36%、次いで「家でくつろぐ」34%だった。一方、女性で最多だったのは「洗濯」の67%、 2位は「掃除」40%という結果だ。なお、男性で「洗濯」と答えたのは23%、「掃除」は18%であり、女性と比較して20ポイント以上も低い結果だった。このように男女で対照的な回答となったのは、女性が家事を担うケースが多い日本ならではの結果とも言えそうだ。

【図】 1日中晴れ予報の日に行いたいこと 上位5位
ベース:全体 / n=1,000(複数回答可)


■調査レポートまとめサイト/HoNote(ホノテ)

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・ウルトラマンが、エヴァンゲリオンが、ゴジラが来襲する都市から生き延びろ!――「巨影都市」
・「CMイメージキャスト選抜総選挙」で咲坂柚衣さんが1位に――レジーナエンタテインメント・グリーゲームスブースイベント
・「東京ゲームショウ2017」が開幕
・「PlayStation VR PlayStation Camera同梱版」2017年10月14日(土)より新価格4万4,980円で発売
・CyberZ、10〜60代1,200名に「eスポーツ」ユーザー認知調査を実施