獣医さんが教える! 猫会話教室〜後編〜

写真拡大 (全5枚)

猫好きなら「もっと猫を理解したい」と思うもの。そこで、猫の鳴き声に詳しい獣医師の野澤延行さんに取材してみた。声、姿勢、状況などから猫の気持ちを総合的に把握する「猫語」について学ぼう猫語を覚えて猫ともっと仲良くなろう!

「猫の鳴き声から話している内容を理解できればなぁ」
飼い主ならば、誰しも一度は考えることだろう。猫がほかの猫や飼い主に対して発する鳴き声は「猫語」とも表現され、人の言葉を猫語に翻訳するおもちゃやアプリもある。

もちろん、ジョークグッズの範疇で、猫の鳴き声から感情や要求を読み取るのは簡単なことではないが、まったく不可能なわけでもないようだ。獣医師の野澤さんによると、猫語の種類は70〜100種。

鳴き方や腰の高さ、寝相のほか、耳、しっぽ、目、ヒゲなどの動きや、ボディランゲージを組み合わせて判断することで、内容が理解できるという。
 
代表的な鳴き声と動作15項目を前編・中編・後編に分けてご紹介!
今回はとうとう後編!  前編・ 中編での理解をさらに深めよう。
これで完璧に猫会話をマスターだ! 

01☆シャー シャー

鳴き方の特徴:息を強く吐くように

■Situation
体を縮めてしっぽは丸まり下腹部にしまわれている。驚いている場合は、しっぽは膨らんで、背中の毛は逆立っている。

■Advice
息を一気に吐く感じの声。相手を威嚇する時に発せられる。多くは人ではなく猫に対しての威嚇。多頭飼いの場合、猫同士がこの声で威嚇しあっていたら要注意だ。場合によってはどちらかが家出することもある。離して飼うなど配慮が必要。

02☆ミャアォーウ

鳴き方の特徴:ダミ声で連呼する

■Situation
背中を少し反らしながらしっぽを横にし、お尻を上げたり、あるいは床に擦るように動いたりする。「ロードーシス」というポーズ。

■Advice
ややダミ声で連呼する声。発情期にメスがオスを誘う時に発する。発情期自体は1週間で終了するが、鳴き続けるので近所迷惑になることも。最近はほとんどの飼い猫が避妊施術を受けているので、発せられることは少ない。

03☆……

鳴き方の特徴:無言

■Situation
座った状態で目を細めて、無言で一点を見つめている。ただボーッとしているようにも見える。

■Advice
猫の無言は1人でいられることを喜んでいる状態。室内に居心地の良いプライベートエリアがある証であり、猫の幸せのサインでもある。脳や体を休息させて体力を温存しているので、のぞき込んだりすると嫌がって場所を変えるし、カメラを向けても目を逸らす。あまり構わないようにしよう。

04☆ウニャウニャウニャウニャウニャ

鳴き方の特徴:きわめて弱く

■Situation
お腹を見せた状態や丸まった状態など最もリラックスできる姿勢で、気持ち良さそうに眠っている。猫からの愛のサインでもある。

■Advice
寝言。鳴き声ではない。猫は1日16時間も眠る。夢の中で食事をしていたり、家の外を走り回っていたりするのかもしれない。いずれにしろ、苦しんでいなければ良い夢を見ていることがほとんど。そのままにしてあげよう。

猫会話教室を前編・長編・後編全てを読み終わり、猫の気持ちが前より分かるようになれたのでは!?
猫会話で猫の気持ちを理解して、いつもよりワンランク上のスキンシップを楽しんでいこう。

教えてくれた人:野澤延行さん(動物・野澤クリニック院長)

ペット可・ペット相談可の賃貸物件はこちら!
https://www.chintai.net/feature/pet/

文=林田孝司
写真=山口智弘

※「CHINTAI2017年4月6日号」の記事をWEB用に再編集し掲載しています。
※雑誌「CHINTAI」2017年9月23日発売号の特集は「かんたんコンビニ飯100」。こちらから購入できます(毎月24日発売)
https://www.chintai.net/magazine/