獣医が教える! 猫会話教室〜中編〜

写真拡大 (全6枚)

猫好きなら「もっと猫を理解したい」と思うもの。そこで、猫の鳴き声に詳しい獣医師の野澤延行さんに取材してみた。声、姿勢、状況などから猫の気持ちを総合的に把握する「猫語」について学ぼう猫語を覚えて猫ともっと仲良くなろう!

「猫の鳴き声から話している内容を理解できればなぁ」
飼い主ならば、誰しも一度は考えることだろう。猫がほかの猫や飼い主に対して発する鳴き声は「猫語」とも表現され、人の言葉を猫語に翻訳するおもちゃやアプリもある。

もちろん、ジョークグッズの範疇で、猫の鳴き声から感情や要求を読み取るのは簡単なことではないが、まったく不可能なわけでもないようだ。獣医師の野澤さんによると、猫語の種類は70〜100種。

鳴き方や腰の高さ、寝相のほか、耳、しっぽ、目、ヒゲなどの動きや、ボディランゲージを組み合わせて判断することで、内容が理解できるという。
 
代表的な鳴き声と動作15項目を前編・中編・後編に分けてご紹介!
今回は中編!  前編での理解をさらに深めて、猫とコミュニケーションをとろう! 

01☆ニャーオ ニャーオ

鳴き方の特徴:音程を上げる

 

■Situation
飼い主の顔や目的の場所を見ながら、気付いてもらえるように大きな声を連発。しっぽは遠慮気味に左右に振れている。

■Advice
大きく連続して発せられる遠慮気味の鳴き声。外に出たかったり、エサが欲しかったりする時に発し、ニャーと鳴くよりも要求の度合いが強い。要求を満たしてあげないと、同じ「ニャーオ ニャーオ」でも語気の強い不満げな鳴き方に変化する。

02☆オオォーウ

鳴き方の特徴:低く、強く

■Situation
トイレで排泄の姿勢をとり、前方を見つめたまま切ない表情を見せる。しっぽは下がり四肢に力が入っている。

■Advice
低くて長い、絞り出すような切ないダミ声。何かを訴えているようにも聞こえる。排泄時に何かしらの痛みや不調を明確に感じていて、辛さに耐えようとしたり、困り果てたりしている。病気の場合もあるので、早めに獣医の診察を受けよう。

03☆ニャオー

鳴き方の特徴:低く、長く唸る

■Situation
体は相手の方向に向いていないが、首だけを動かして顔を向けてしっかりと見ている。しっぽはゆっくり左右に動いたりする。

■Advice
末尾が上がるダミ声。低く長い声で唸っている。ケンカ直前の状態で、ほかの飼い猫や家の周囲にいる野良猫に警告している。
この声を聞いたら止めに入りたくなるが、猫のケンカを止めるのは危険な上、現実的に厳しい……。

10☆アァオー アァオー

鳴き方の特徴:低い声で

■Situation
前傾姿勢で尻尾は下向き。視点もやや下向きで定まらない。耳を横向きに伏せており、体は緊張でこわばっている。

■Advice
鳴き続ける低いダミ声。シャンプーやブラッシングなど、これから始まる嫌なことを察した時に発する。不快感や恐怖心を伝えており、刺激を続けると激しく鳴くことも。なるべく早く、不快な状況を解消してあげよう。

04☆ギャァー

鳴き方の特徴:悲鳴のように甲高く

■Situation
瞳孔は開き、耳は後方に伏せている。体は後方に引き気味。いつでも逃げられる体勢だが、攻撃できるようにも構えている。背部の毛は逆立つ。

■Advice
唸りと悲鳴が合わさったような大きな声。これからの展開が予測できずに恐怖を感じた時に発せられる。飼い猫では、痛みのある個所を触られた時や診察の際などにも、この声を出す。猫の顔を布などで覆ったり、声を掛けたりするなどして落ち着かせよう。

猫会話も中編、あとは後編で完璧にマスターするだけだ。
それでは、後編もチェック!

教えてくれた人:野澤延行さん(動物・野澤クリニック院長)

ペット可・ペット相談可の賃貸物件はこちら!
https://www.chintai.net/feature/pet/

文=林田孝司
写真=山口智弘

※「CHINTAI2017年4月6日号」の記事をWEB用に再編集し掲載しています。
※雑誌「CHINTAI」2017年9月23日発売号の特集は「かんたんコンビニ飯100」。こちらから購入できます(毎月24日発売)
https://www.chintai.net/magazine/