CL2戦4発のC・ロナウド、リーガ無得点への批判に皮肉 「僕はいつも透明な心を持っている」

写真拡大

敵地ドルトムント戦で2ゴールを奪い3-1勝利に貢献

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間26日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節のドルトムント戦で2ゴールを挙げ、チームの3-1勝利に大きく貢献した。

 試合後のインタビューでは「批判はさらに酷くなっている」「僕はいつも透明な心を持っている」と“CR7節”が炸裂したと、スペイン紙「マルカ」が報じている。

 前半18分にウェールズ代表FWギャレス・ベイルのゴールで先制したレアル。チームをさらに勢いづかせたのは、エースの一撃だった。後半5分、左サイドを抜け出したベイルのグラウンダーのクロスを、ロナウドが左足で合わせてCL2試合連続ゴールをゲット。4分後にドルトムントのFWピエール=エメリク・オーバメヤンにゴールを決められ1点差に詰め寄られたが、同34分にはMFルカ・モドリッチのスルーパスから、ロナウドが右サイドを抜け出してペナルティーエリア内に侵入すると、右足の強烈なシュートを左サイドネットに突き刺した。

「(ジネディーヌ・ジダン)監督から告げられたことを僕らはやり切った。チームは驚くほどのチャンスを作り出したよ。そこから3得点を奪うことは簡単じゃないけどね」と語ったロナウド。CLでは2試合連続2得点とさすがのゴールマシンぶりを発揮するが、リーガでは公式戦5試合出場停止もあっていまだ無得点。それについて、心の中に溜めていたことがあったようだ。

「批判はどんどん酷くなっているけどね」

「全ての試合で僕が誰だ、ってことを証明する必要があるみたいだね。僕は大衆の人たちがいつも僕について考えていることに驚いている。僕の数字は彼らにとっての話の種で、僕は模範的なプロフェッショナルだし、いつも透明な心を持っているよ。批判はどんどん酷くなっているけどね」

 数試合ゴールがないだけで、大きく報じられる現状について、チクリと指摘した。レアルはリーグ戦で3勝2分1敗とスタートで少々躓いたが、誇り高きロナウドの有言実行ぶりで、いよいよトップフォームを取り戻そうとしている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images