西地区はアル・ヒラルが先勝…ペルセポリスを4発粉砕で決勝進出に近づく/ACL準決勝第1戦

写真拡大

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝ファーストレグが26日に行われ、西地区ではアル・ヒラル(サウジアラビア)とペルセポリス(イラン)が対戦した。

 試合はホームのアル・ヒラルが優位に進める。31分、右サイドからのクロスをシリア代表FWオマル・フリービーンがヘディングで合わせて先制に成功。40分にはカウンターからサウジアラビア代表DFヤセル・アル・シャフラニが左足でシュートを沈め、2−0とする。

 後半開始早々の49分にアル・ヒラルは退場者を出したものの、変わらず試合を支配し続ける。54分、右サイドからのグラウンダーのクロスに再びオマルが反応して3−0。さらに終了間際の89分、オマルが今度はPA外から強烈なミドルシュートを叩き込み、決定的な4点目を挙げた。

 オマルがハットトリックの活躍を見せたアル・ヒラル。4−0でペルセポリスを下し、決勝進出へ大きく前進した。第2戦は、10月17日にペルセポリスのホームで開催される。

https://twitter.com/TheAFCCL/status/912736961571389440

【スコア】
アル・ヒラル 4−0 ペルセポリス

【得点者】
1−0 31分 オマル・フリービーン(アル・ヒラル)
2−0 40分 ヤセル・アル・シャフラニ(アル・ヒラル)
3−0 54分 オマル・フリービーン(アル・ヒラル)
4−0 89分 オマル・フリービーン(アル・ヒラル)