ジョン・マッケンロー氏【写真:Getty Images】

写真拡大

「彼らに対してこう伝えたい」…レーバーカップで主将、ATPと協力態勢取れず

 男子テニスで初開催された「レーバーカップ」は、世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)と同2位のロジャー・フェデラー(スイス)が夢のダブルス結成を果たすなど、世界のファンに大きなインパクトを与えた。一方、コーチとして参加したレジェンドのジョン・マッケンロー氏は、協力態勢を築かなかったATPツアー側に“注文”をつけたという。英紙「デイリー・メール」が報じている。

 現役時代から歯に衣着せぬ発言で“悪童”として愛されたマッケンロー氏は、今大会ではヨーロッパ以外の大陸出身者で構成された世界選抜のコーチを務めた。ニック・キリオス(オーストラリア)とともに戦う闘争心あふれる姿勢は、現役を退いた今もなお健在だったが、コメントについても同様だった。

「俺は彼ら選手が一歩前進してほしいと願うし、この大会が何かしらの重要性を持ちつつ、テニス界にとっていいものとなればと理解している」

 こう話したマッケンロー氏は、あえて今後の課題を口にした。それは年間を通じて行われているATPツアーが、大会に対して特に連係しなかったことについて、言いたいことがあったようだ。

錦織ら離脱中の選手に参加期待「大会の信頼性は素晴らしい質を持つ選手たちによる」

「ATPは『この大会が大きくなるだろう』と気づかなかったミスを犯したと俺は思っているよ。彼らに対してこう伝えたい。今大会が開かれたことは驚くべきことで、俺が望むならプレーをしたいくらいだからね」

 こう伝えるとともに、負傷で離脱中のタレントたちの出場を期待するような言葉も残した。

「最終的にはレーバーカップの信頼性は、素晴らしい質を持つ選手たち、ケガで今回欠場した選手も含めてプレーできるかどうかによるだろう」と、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、アンディ・マレー(イギリス)、スタン・ワウリンカ(スイス)、そして錦織圭(日清食品)らの来季の参加を望んでいるようだった。

 記事によると、ATPは現在、テニス・ワールドカップ(W杯)という新たなイベントを立案している最中で、協力姿勢は最後まで見せなかったといい、来年9月の開催がすでに決まっているレーバーカップに加え、W杯まで実現すると、毎シーズンの選手、チームの過剰供給が避けられないことになると伝えているという。

 果たして、マッケンロー氏の率直な提言に、テニス界は新たな動きを見せるだろうか。