ハンド疑惑が浮上したS・ラモス(右) photo/Getty Images

写真拡大

26日にUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第2節が行われ、レアル・マドリード(以下レアル)がドルトムントに3-1で勝利した。

両チーム無得点で迎えた14分に問題が発生。ドルトムントがレアル陣内に攻め込むと、右サイドからの浮き球を受けたマクシミリアン・フィリップが敵陣ペナルティエリア内でシュートを放つ。このシュートがゴールライン上に立っていたセルヒオ・ラモス(レアル)の手に当たり、フィリップがすかさずハンドの反則をアピールするも、ドルトムントにPKは与えられず。この場面の4分後にドルトムントは先制を許している。

この疑惑の判定を受け、独『Welt』はドルトムントにPKを与えなかった審判団を痛烈批判。「ドルトムント側にとって受け入れられない判定」という一文が掲載されたほか、同紙を読んだサポーターより「突如としてハンドボールの試合が始まった」、「なぜあれ(ハンド)を見逃せるのか」といったコメントが寄せられるなど、一連の判定が波紋を呼んでいる。

結果として試合の流れを変えることになってしまった前述の場面。この試合ではゴール付近に追加副審が配備されていたが、もはや審判の肉眼だけで正確な判定を下すことは不可能なのかもしれない。