浦和、10年ぶりのACL決勝進出へ「4つのポイント」 AFC公式が上海上港戦を展望

写真拡大

GSで対戦した2試合のデータをもとに分析 パス成功本数は浦和が2倍以上

 浦和レッズは27日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第1戦で、上海上港(中国)とアウェーで対戦するが、アジアサッカー連盟(AFC)公式サイトでは、グループステージで二度対戦している両チームのデータをもとに、浦和が突破するためのキーポイントを特集している。

 まず1つ目に挙げられたのは、浦和守備陣と上海上港の強力攻撃陣による対決だ。グループステージでの対戦において、上海の3トップである元ブラジル代表FWフッキ、FWエウケソン、中国代表FWウー・レイのボールタッチ時のポジショニングを「非常に密集して高い位置で受ける」と分析。データ上では、ピッチ中央のエリアで“攻め残り”をして、後方からのボールを受けていることが明らかになっている。

 そのため、浦和守備陣は彼らに入るボールをどれだけシャットアウトできるか、ボールを受けた後に決定的な突破を許さずに済むかというのが課題とされている。一方の浦和攻撃陣は、ワイドに開いてボールを受ける傾向があるため、それぞれがファーストタッチでしっかりとボールをキープして攻撃につなげられるかが重要だ。両チームの攻撃的な選手たちのポジショニングは対照的であるため、その違いがゲームに表れることになりそうだ。

 そして2つ目のポイントとしては、浦和はゲームのイニシアチブを取り続けるべきだとしている。特に、大会全体で浦和のパス成功本数が4847本に対し、上海上港は2322本と2倍以上の差をつけて圧倒。その一方で、ドリブルの成功数では浦和が62回なのに対して、上海は102回を数えている。上海上港にゲームを支配されて、強力攻撃陣が次々にドリブル突破を仕掛けてくる展開になれば、浦和は苦しくなる。そのため浦和としてはボールを保持してゲームを支配し、相手の攻撃回数を削ることで守備陣の負担を軽減する必要があるとした。

状態に不安残す守護神とFW陣

 また、3つ目のポイントとしてGK西川周作のプレーが挙げられた。上海上港とアウェーで対戦した際に、西川は浦和最終ラインの背後に出た相手のロングボールに飛び出してクリアしたものの、それが相手MFアフメドフへのボールになってしまい、素早くエウケソンにつながれて40メートル級のロングシュートを叩き込まれて失点した。また川崎フロンターレとの準々決勝第2戦でも、最終ライン裏へのパスに対して飛び出したもののDFエウシーニョに先に触られて失点したことも指摘され、そのパフォーマンスが重要になるとされている。

 最後の4つ目のポイントとして、ゴールゲッターの機能性が挙げられた。右ひざの負傷を抱えるFW興梠慎三、肉離れからの復帰を目指すFWラファエル・シルバ、コンディション不良が続くFW李忠成と、この大会でゴールを量産し続けてきた選手たちの状態に不安が残る。そのなかで最も先発起用が見込まれるのは興梠だが、「彼らはシュートをしっかりと打つスパイクを忘れてはならない」と、攻撃陣が決定力を発揮することが求められている。

 準々決勝で川崎との“日本勢対決”を制し、Jリーグ代表となっている浦和。グループステージではアウェーで2-3、ホームで1-0という結果を残した上海上港とのリターンマッチを制することができるのか。2007年のアジア王者である浦和は、今季のリーグ戦では中位に沈む苦しいシーズンを送っているが、ACLでは好調を維持。10年ぶりの決勝進出とアジア王者へ向けて、上海上港との死闘の行方に注目が集まる。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images