井上尚弥、アントニオ・ニエベス【写真:Getty Images】

写真拡大

井上の米デビュー戦でKO負け…ニエベスがモンスター最強説「イノウエは偉大な王者だ」

 ボクシングのWBOスーパーフライ級で6度目の防衛に成功した井上尚弥(大橋)。米デビュー戦で華々しい6回TKO勝ちを収めた24歳は海を越え、圧倒的な強さを見せつけた。実際にリングで対峙した同級7位のアントニオ・ニエベス(米国)は井上の「モンスター」という異名通りの衝撃的な強さを改めて振り返っている。

「the Monster ナオヤ・イノウエと戦うとは、どういうものかということ」

 このタイトルで特集したのは、英ボクシング専門誌「ボクシンングニュース」電子版だった。モンスターに挑み、敗れ去ったニエベスが衝撃の一戦を改めて振り返っている。

「確かに僕は6ラウンドまで戦った。まだやれたけど、僕の陣営は止めるべきだと感じた。あのファイトは自分たちの思うようにいかなかったけど、心配しないでほしい。僕はまだ戻ってくる」と悔しさを滲ませたニエベスだが、怪物の強さは素直に認めている。

「イノウエは偉大なチャンピオンだ。彼は速い。この階級で偉大なパワーの持ち主だ。そして、正確なパンチャーでもある」

 強さ、スピード、正確性、全てが一級品だと認めたニエベスは、5回に井上の左フックをボディに被弾。あまりの強烈さから苦悶の表情を浮かべ、ダウンを余儀なくされた。この一撃が井上の強さを際立たせる格好になったという。

提唱するスーパーフライ級最強説「現時点で、彼はこの階級でベストだ」

 記事では「イノウエは正確無比で壊滅的なボディパンチで名声を博すことになった」と絶賛。ニエベスは「自分が下がった時にリバーにいいショットで釘付けにされてしまった」「彼は素晴らしいボディパンチャーだ」と悪夢を振り返っている。

 24歳にして2階級を制覇した井上はIBF王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)、WBC王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)、元WBC王者ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)ら実力者揃いの軽量級で、すでに傑出した存在だという。

「我々は最高潮の状態で臨んでくると予想していた。彼はいくつか輝けることをしてのけた。彼のジャブは速い。自分は構えさせてくれなかった。彼はとても強い。そして、とても鋭いパンチを繰り出してくる。本当にとても技術の高いタレントだ」

 こう脱帽したニエベスは「現時点で、彼はこの階級でベストだ。他の誰かが自分の力を証明しない限りは、ね」とスーパーフライ級でモンスター最強説を提唱した。

 リングで拳を交えた相手も潔く認める強さを誇る井上。海外での名声も高まる一方のようだ。