レバノンの首都ベイルートで、レバノン内戦中の銃撃で穴だらけになった建物に描かれた電子機器を組み立てる少年の壁画(2017年9月26日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】レバノンの首都ベイルート(Beirut)にある、レバノン内戦(Lebanese Civil War、1975〜1990年)中の銃撃で穴だらけになった建物に描かれた電子機器を組み立てる少年の壁画。
【翻訳編集】AFPBB News