韓国外交部(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の当局者は27日、米政府が北朝鮮に対する独自制裁の対象を追加指定したことを「評価する」としながら、「北への強力な制裁と圧力を通じ、北を非核化の道へ引き出すという韓米両国と国際社会の働き掛けに寄与するだろう」との見解を示した。

 また、「今回の措置は北との取引の危険性を際立たせることで北と取引している第三国の個人と団体に警戒心を吹き込み、国連安全保障理事会決議の忠実な履行に向け国際社会の意志を固めるのに寄与すると期待される」と強調。韓米両国は北朝鮮核問題の平和的な解決という共通の目標を達成するために引き続き緊密に連携、協議していく予定だと述べた。

 米財務省は26日(現地時間)、北朝鮮の銀行8行と、中国、ロシア、香港、リビア、アラブ首長国連邦(UAE)で金融業務にかかわる北朝鮮の個人26人を制裁対象に加えた。