作曲者の本多鉄麿(てつまろ)さんは、常楽院(調布市西つつじケ丘)の第五十二世住職

同時に本多さんは常楽院が経営していた神代幼稚園の園長を務めていたことから,住職没後30年の1996年、幼稚園の教え子などの有志によって、常楽院に歌碑が建立されました。童謡「思い出のアルバム」は幼稚園卒園式の曲です。

つつじヶ丘駅は歌碑が建てられている常楽院の最寄り駅であり、利用者にもなじみ深いことから、「思い出のアルバム」が10月2日(月)から列車接近メロディーとして導入されます。演奏は隣駅の仙川駅の桐朋学園大学音楽学部の先生によるものでオルゴール調とのことです。

問い合わせ:
京王お客さまセンター  TEL. 042-357-6161(9:00〜19:00)
調布市生活文化スポーツ部産業振興課 TEL. 042-481-7185(8:30〜17:15)

【参考】京王線・井の頭線の列車接近メロディー導入一覧表

子供の頃、深大寺植物園に親が連れて行ってくれる時はつつじヶ丘駅からバスに乗って行ったことを懐かしく思い出します。2011年(平成23年)につつじヶ丘駅の駅舎はすっかり新しくなって昔の駅の面影はなくなってしまいました。かつてはホームから地下道に降りていたことを覚えていますか?