急速な経済成長を遂げ、都市部の暮らしが豊かになった中国では、小さい子連れの国外旅行を楽しむ人が増えているようだ。中国の質問サイト・悟空問答にこのほど、「なぜ親子旅行の目的地として多くの人が日本を選ぶのか」という質問スレッドが立ち、複数のユーザーが回答を寄せている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 急速な経済成長を遂げ、都市部の暮らしが豊かになった中国では、小さい子連れの国外旅行を楽しむ人が増えているようだ。中国の質問サイト・悟空問答にこのほど、「なぜ親子旅行の目的地として多くの人が日本を選ぶのか」という質問スレッドが立ち、複数のユーザーが回答を寄せている。

 あるユーザーは「もちろん、日本がわが国から近いうえ、独特の民族文化を持つ先進国だから」と回答。まず「地の利」については「海を跨げばすぐに着くという近さと手軽さがある。そして、近いゆえに飛行機だけでなく海路での渡航も可能であり、選択肢がある点が親子旅行に適している」とした。

 また「親が子どもを連れて海外旅行に出かけようと思えば、きっと特徴があって楽しい場所を選ぼうと考えるはず。日本はこの点において韓国やタイといった周辺国に比べて一定のアドバンテージを持つ」と説明している。

 さらに「心理的な問題もある。なにしろ今は競争主義の社会であり、よその子やその親に見劣りしないように、親は子どもたちにいい場所へ連れて行こうとする。その点でも日本はいい選択なのだ」とも分析した。

 そして「日本は歴史文化を完全な形で残している。われわれにはできなかったことだ」として、文化的な価値も非常に高いことも指摘している。その一方で「もちろん、多くの親はそこまで多くのことは考えておらず、ブームに乗って日本旅行を選んでいるだけ、ということもあるかもしれない」と結んだ。

 小さな子どもを連れての旅行で一番気になるのは、トラブルなく快適に旅を楽しむことができるかどうか。日本の距離的な近さはもちろんのこと、ハード面での充実や周到なサービスが、子連れの中国人観光客に安心感を抱かせているようである。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)