ラモスのCLドルト戦“疑惑のハンド”が物議 「レアルはラッキー」「PKが審判に見逃された」

写真拡大

レアルが敵地で3-1と快勝 スペイン紙は前半14分のワンプレーに注目

 レアル・マドリードは現地時間26日に、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)第2節で日本代表MF香川真司の所属するドルトムントと敵地で対戦。

 FWギャレス・ベイルの鮮やかなボレー弾とFWクリスティアーノ・ロナウドの2得点で3-1と快勝したが、主将DFセルヒオ・ラモスの疑惑のプレーが物議を醸している。

 問題のシーンは前半14分。ドルトムントが右サイドから攻撃を仕掛け、FWアンドレイ・ヤルモレンコが右足でクロスボールを供給。ファーサイドに走り込んだMFマクシミリアン・フィリップがダイレクトで合わせたが、シュートはカバーに入ったラモスにブロックされた。この場面では最初にGKケイラー・ナバスが手で弾いた後にボールはラモスの手に当たっているが、ビョルン・カイペルス主審はホイッスルを吹かなかった。

 しかし、スペインメディアではこのラモスのプレーで反則が取られなかったことは、レアルにとって幸運だったと指摘している。スペイン紙「マルカ」はラモスのハンドが故意ではなかったと指摘した上で、「レアル・マドリードは逃れることができてラッキー」と書き綴っている。

「ラジオ・マルカ」の審判アナリスト、アンドゥハル・オリバー氏は「ハンドがあったが、無意識のものだ。ボールは最初にラモスの足に当たり、それから手に当たっている。オランダ人(カイペルス主審)レフェリーは正しい判断をした」と分析している。

ドルトムントは2試合連続で判定に泣き2連敗

 その一方で、スペイン紙「AS」では「セルヒオ・ラモスのペナルティーは審判に見逃された」と報じ、カイペルス主審の判定ミスだったとしている。

 同紙で解説員も務める元審判のイトゥラルデ・ゴンサレス氏は、「ボールのリバウンドがラモス自身のものであれば、完全に無意識のものなのでPKはない。ただし、DFが手を上げて、ケイラーに当たったボールのリバウンドとなると、それはPKだ」と主張しているという。

 レアルは主審の判定に救われる結果となった。対するドルトムントは第1節のトットナム戦でも、FWピエール=エメリク・オーバメヤンのゴールがオフサイドの判定で認められずに幻となり、試合後に選手が主審を批判する事態に発展していた。リーグ戦では首位を走るが、CLでは2試合連続で判定に泣き、最悪の連敗スタートとなった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images