現実に出会ったことがない人同士が簡単につながるSNS。これも一種の出会いの方法であり、時に恋愛関係に発展することがあっても不思議ではありません。とはいえ顔が見えないインターネット上での出会いは、時に危険なことがあるのも事実。特に若いころからSNSに接していない30代以降の人たちにとっては、正直ネット恋愛にアレルギーがある人も少なくないのではないでしょうか?

SNS恋愛が発展するのは「出会った後」! ネットとリアルのギャップもアリ

電子コミック配信サービス「めちゃコミック(通称、めちゃコミ)」では、会員を対象に「SNSから始まる恋愛」に関するアンケートを行なっています。まずは「SNSから始まる恋愛はアリ?ナシ?」という質問をしたところ、「アリ」と答えた人は38%で、「ナシ」の62%を下回る結果に!

SNS恋愛を否定する人は、一体何が引っかかるのでしょうか?同調査で「ナシ」派にその理由を尋ねてみると、以下のような結果となりました。

やはり顔も素性も良くわかない人と実際に会うのは、女性にとってハードルが高いのでしょうか?

1位は「相手のことが良く分からず怖いから」。やはり顔も素性もわからないインターネット上だと、別の人格を騙ったり嘘をつくことも容易です。女性は特に警戒感を持つことは、ある程度必要だと思います。そして2位は「実際に出会った人じゃないと嫌だから」がランクイン。

しかし実際にSNSで恋愛に発展した人に「恋愛関係になったタイミングはいつですか?」と尋ねたところ、圧倒的に多いのは「相手と実際に出会った後」(62%)という答え。逆に「相手と実際に出会う前」は24%しかいませんでした。つまり実際に出会う前から恋愛感情を抱く人はごくわずかで、ほとんどは“実際に出会ってから”の恋愛なのです。

また出会った際、「実際に会った時、ギャップなどで驚いたことはありましたか?」という質問で「ある」と答えた人は60%だそう。やはり実際に会ってみないと、わからないことが多いようです。

どんなSNSで恋愛に発展する?流行のインスタではほとんど出会いナシ!

では実際のところSNS恋愛の経験者は、一体どのくらいいるのでしょうか?同調査で「SNSで知り合いになった人と恋愛関係になったことがありますか?」を尋ねると、「ある」と答えた人は15%。数値だけ見ると、まだ少数派であるといえます。

ただ別の質問で「あなたのまわりでSNSからはじまった恋愛をしている人はいますか?」の問いに対し、「はい」と答えた人は29%だそう。空気感としては、15%より多くの人がSNS恋愛を経験しているようです。

経験者はどんなSNSで恋愛に発展しているのでしょうか?調査結果は以下の通りとなっています。

流行しているインスタでは、ほとんど恋愛に発展しないことが分かります。

「Twitter」「Facebook」「Instagram」といったメジャーどころをおさえ、1位となったのは「マッチングアプリ」。やはり同じように社会的コミュニティーを構築するにしても、「恋愛に発展する」という明確な意図があるほうが、当然ながらその確率は上がるようです。

「マッチングアプリ」をカジュアルに使って恋人をゲットしている人は、たくさんいます!

とはいえ前述の調査結果を踏まえると、いくら恋愛に発展したいという意図でマッチングアプリをつかっても、勝負は出会った後。SNSは単なるキッカケにすぎません。そう考えると、やはりSNS恋愛は特殊なものではなく、普通の恋愛と本質は同じではないかと思います。

【調査概要】
・調査媒体 :株式会社アムタス「めちゃコミック」
・調査時期 :2017年8月9日(水)〜2017年8月10日(木)
・調査方法 :インターネット調査
・調査人数 :1,038名
・調査対象 :めちゃコミック会員