なんで嫌なことって立て続けに起こるの……? 立て続けにちょっとした嫌なことが重なると、思考回路もネガティブになりがちですよね。そんな時こそ、気持ちを切り替えて考え方を変えていくことで運気もアップしてきます。ネガティブに陥ったら、ポジティブになれる方法を試してみてはいかがでしょう?
ということで今回は、気持ちをアップさせるための方法を4つご紹介します。

1: ポジティブな人と一緒に行動

根っからのネガティブ思考な人って周りにいませんか? 相談してもネガティブな答えしか返ってこない人と一緒にいても、気持ちは上がりません。それどころか、さらに気持ちが暗くなるばかり……。
そんなネガティブな人に気持ちを引っ張られないようにするためにも、交友関係を見直しましょう。あなたの良いところを引き出すには、周りをポジティブな人で固めること! 気持ちが落ちている時や嫌なことがあった時でも、ポジティブ思考の人ならば常にあなたの気分をアップさせてくれますよ。

2: リラックスできるものを見つける

気持ちが落ちている時、あなたはどんな行動に出ますか? 何もしたくない・動き続けていたい・とにかく誰かと話したいなど、人それぞれです。いずれにしても、それをすることで気持ちがリラックスするのではないでしょうか?
ネガティブに陥りそうになったら、自分に合ったリラックスできる行動をとるようにしましょう。散歩をする・お風呂に入る・マッサージを受けるなど、「それをすると気持ちが落ち着く行動」を選んでみて。たとえば香りが好きな人は、ハーブティーやアロマで癒やされることでしょう。ですがネガティブな時は好きなことやリラックスできる方法をついつい忘れてしまいがちです。忘れないようにメモをしておくだけでも、思い出すのに役立ちますよ。

3: ペーパー断捨離をする

断捨離は心の中をスッキリさせてくれると言われています。ネガティブな時にやると、とても効果的です。しかし、いざやってみると実は大変! 大掃除になり、部屋の中がゴチャゴチャになってしまうこともあります。
そこで、まずは自分にとってジャマな物や古くなってしまった物・服・靴などを紙に書き出してみましょう。それらはすべて、きっと物理的にもサヨナラしたいものたちです。リストにしてしまえば、何を捨てるべきかが楽に見つけられて、ゴミ捨てもスムーズに!

4: 視点を変えていく

ちょっと嫌なことがあった時に便利なのが、視点を変えていくという方法。たとえば、これから友達と飲みに行くことになっているのに、突然の残業で結局予定をキャンセルすることになってしまった……。そんな時は、いつもなんとなく入れなかったレストランに一人で思い切って行ってみるとか、実はやってみたかった一人ピザパーティーをしてみるなど、いつもはできないことをやってみると、特別な気分になります。
また、デートの約束だったのに急にキャンセルされて気分が落ち込んでしまったら、デートではできないことをやってみるというのもオススメ。ショッピングや友達とおしゃべり、彼とは違う趣味の開拓など、いろいろと視点を変えて、その時の気分を変えていってしまいましょう。