最終週の放送も中盤を迎えたNHKの連続テレビ小説『ひよっこ』。みね子(有村架純)とヒデ(磯村勇斗)のカップルが誕生し、愛子(和久井映見)と省吾(佐々木蔵之介)がようやく“2番目の恋”として2人の人生を歩き出した。さらには、これまで想い続けてきた時子(佐久間由衣)でなはく、三男(泉澤祐希)がさおり(伊藤沙莉)を選ぶ決心をして、告白した。登場人物たちみんなが幸せになっていく展開に、心が躍る。

(参考:『ひよっこ』脚本家・岡田惠和は菅野美穂の人生をどう描いた? “乙女たち”それぞれの幸せの形

 昨日9月26日放送回にも、もうひとり、愛する人の元へ旅立っていった女性がいた。みね子たちが暮らすあかね荘の住人・早苗(シシド・カフカ)である。早苗は、みね子の住んでいる部屋のちょうど真下の部屋に暮らしており、みね子が引っ越してきてばかりの頃は目覚まし時計の音で早朝に起こされることを迷惑がっていた。まだ顔を合わせたばかりの2人だったが、みね子が目覚まし時計をセットし忘れ、音が鳴らなかった時には、どうも心配になった早苗が、様子を見に来る場面もあった。

 早苗は、常に何かにいら立っているようで、周囲の人間に対する言葉もきつい印象を受けていた。だが、当時のあかね荘の住人だった島谷(竹内涼真)からは、「早苗さんはそんなに冷たい人ではないと思うけどな。本当に冷たい人はあんなに人のこと長く語ったりしないと思う。みんなとの会話を楽しんでいる。実はおしゃべり好きな人で、照れ隠しで意地の悪い言い方しかできない」と性格を分析されており、クールに見えていた早苗も実は、これまでも本作に登場してきた可愛らしい“乙女たち”のひとりであることが明るみになっていった。

 これまで早苗は、数々の悩める女子たちを相談を聞き、そっと抱きしめてきた。みね子が、記憶喪失になった父・実(沢村一樹)と再会した翌日、無理に元気を出して出勤しようとするみね子に対して、早苗は無言で抱きしめ、背中を押した。さらに早苗は、バー月時計でたびたび開かれてきた「月時計会議」で、島谷をめぐってみね子と由香の間にあったしがらみを解き、みね子と世津子(菅野美穂)が触れられずにいた実・雨男に関しても、互いに話し出すきっかけをつくった。

 そんな早苗が、自身の恋について皆の前で打ち明けたのが、やはりバー月時計でのこと。早苗は「私の…恋の話」と東京に訪れたばかりの頃に遡って話し始めた。東京にきて生まれて初めて乗ったエレベーターに閉じ込められ、泣きじゃくる早苗に「大丈夫だよ」と手を握ってくれてたその男性が、初恋の相手だった。エレベーターの中で、その男性に「これは運命だよな。必ず一人前になって戻ってくるから待っててくれ。何歳まで待っててくれる?」と尋ねられた早苗が答えた年齢は「25」。早苗は当時を振り返り、「今でも後悔してます。何で『いつまででも』って言わなかったんだろうって。その時の私は、25って遠い遠い未来だったんでしょうね」と、“永遠の25歳”と言っていた意味がようやく明かされた。

 裏天広場に早苗の初恋の男性・片岡龍二(古市コータロー)が現れたとき、「遅い、もう」と、涙をこらえるような表情で抱きついていった早苗の姿は、ようやく“永遠の25歳”から解き放たれた、恋する女性そのものだった。

 ツイッギーコンテストで優勝してあかね荘を去った時子に続き、早苗も龍二とともに花のサンフランシスコへ旅立った。残すところあと4回の放送で、全員とお別れをしなければならないと考えると、一視聴者としても悲しみが胸に込み上げてくる。最後まで、登場人物たちの幸せを見届けたい。

(大和田茉椰)