ジダン監督、最大のライバルドルトムント下し満足…悩める2人の活躍にも喜び

写真拡大

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、ドルトムントとの大一番を制して満足しているようだ。

マドリーは27日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節でドルトムントと対戦。グループステージ最大の重要な試合で、マドリーはクリスティアーノ・ロナウドが活躍。2ゴールを挙げる活躍を見せ、3-1とドルトムントを危なげなく下している。

ジダン監督は試合後に『Antena 3』でこのように喜びを語った。

「より多くのゴールを目指していたし、もっと大勝する可能性だってあった。最終的に重要なことは相手より多くのゴールを挙げることだ。全員がいい仕事をしてくれたね」

また、リーグ戦ではノーゴール、サンティアゴ・ベルナベウで指笛も受けている二人の活躍にも喜びを示した。

「クリスティアーノの得点は嬉しい。ゴールを決めていないときは問題を抱えているように見えるからね。ガレス(ベイル)もいい働きをした」と述べた。

マドリーはCLで2連勝を飾り、グループHで同じく連勝を飾ったトッテナムとともに首位を走っている。