レアル・マドリーに所属するクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間26日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節の試合が行われ、レアル・マドリーはドルトムントと対戦し3-1の勝利をおさめた。この試合で、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがマドリーで公式戦400試合出場を達成し、2ゴールを決めてチームの勝利に貢献している。

 試合開始して18分、ダニエル・カルバハルのクロスにガレス・ベイルが左足で合わせマドリーが先制。続く49分、ベイルのパスを受けたC・ロナウドが相手DFよりも先に触ってシュート。これがゴール左隅に決まりマドリーが追加点を挙げる。しかし、54分にピエール=エメリク・オーバメヤンの得点を許し1点を返された。

 それでも79分、C・ロナウドが追加点を決めて点差を広げる。結局、マドリーは3-1の勝利をおさめてCL2連勝とした。次節マドリーは現地時間10月17日にトッテナムをホームに迎えて対戦する。

text by 編集部